先生のブログ

新井 貞夫

プロフィール

記事一覧

2009/09/14

通夜の手伝い

葬式があると、町内会で同じ班の各家から手伝い1名を出します。
いつもなら、親父かお袋が行くわけですが、通夜の日は両方とも留守で困っている、と私に連絡がきました。跡取りとしては、ここは絶対行かねばならない。
幸い午後に授業が無かったので、有給休暇をとってその任に当たりました。女房に行ってもらうこともできたのですが、着いてみると通夜の手伝いは男性9人。
帳場は3人、私は会葬御礼を渡す係に。そして、香典を受け取るのは、なんと翌日運動会の中学校の校長先生。「明日はさすがに休めないから。」と笑っていらっしゃいましたが、近所で葬式のときは、どんな偉い方でも仕事を休んで馳せ参じるのは、町内では当然のこと。 続きを読む…
大学の恩師から新井君は研究向いてない、君のような人は社会に出て、物理を教えるほうが才能あるからと褒められた(?)のは、昔のこと。やっぱり、最先端の研究の場に行くとその雰囲気にわくわくしてしまいます。
生徒二人とともに小林 誠さんの講演を聴いてから、子供向けの実験場に行ってみると、授業でも扱った原理が子供でも感じ取れるように工夫して展示されていました。
放射線を目で見ることができる装置、霧箱を作ってみよう!のコーナーではもう帰りたくなってしまった息子に「ほら!いっぱい出てるよ!すごい出てるよ。見えたか?みた?ほんとに見たのか、お前?こんっっなにおもしろいのに!!! 」と叫ぶお父さん。
女子高 続きを読む…