先生のブログ

踊る教員日記

後藤彩子のブログ

プロフィール
2011/03/27

地震 ・・・いまだに・・・

「ちろりらーん、ちろりらーん・・・、緊急地震速報・・・」

 

カッ        (テレビ画面を見つめる・・・)

ガシッ バッ   (ケータイとコートひ引っ掴む)

バタバタ     (廊下を走る・・・)

ガッチャ ギー (玄関のカギを開け、少し開く・・・)

ゆらゆらゆら  (地震が来る・・・)

ふぅ~       (大したことがなかったと安堵する・・・)

 

・・・いまだに、びくびくしながら、こんなことを繰り返しております。

 

枕元には、ラジオ付き懐中電灯と、スリッパ。

車には、お泊りグッズ一式。

 

 

備えてはいても、いまだに不安です。

 

原発事故に伴う、放射性物質と飲料水の問題も・・・。

 

 

生徒は来ないけれど、毎日、出勤しています。

日ごろ、なかなか手つかずの、あれやこれや、

整理をしたり、手を付けたり、勉強したりできるのは、

不幸中の幸いといったところでしょうか・・・。

 

何とかようやく、今年度中の残務処理の見通しがついて、

私の中では、週明けから次年度がスタート。 

 

 

 

職員室での緊急地震速報は、

「きゅいーん、きゅいーん」

と、携帯の大合唱。

それでも、家にいるより、学校にいるほうが、すこし心強い。

 

「強い余震、来なくなったよね。少し安心していいのかな?」

「震度は落ち着いてきたけれど、頻度は減ってない。

まだ、予断はできないよ。」

と、S川先生。

 

 

常磐線、土浦以北も、いまだ不通。

勝田までは、4月上旬とか。

 

テレビから伝え聞こえる、

被災地の状況にも、心が痛みます。

 

死者・行方不明者は27000人超とか・・・。

日本の人口を1億2千万人とすると、

大体、4500人に1人が、

命を落としたか、いまだ行方不明なわけで・・・。

 

 

つくば市に住む、70歳を超える母校の大先輩から

「地震の時は、どちらにいらっしゃいましたか?

何かお困りのことはありませんか?」と

お気遣いのお葉書をいただきました。

 

このような時だから、人のお心づかいがありがたい。

このような時だから、私も、

人のお役に立たなければいけませんね。

 

・・・さあ、何ができるか。

 

まずは、明日、郵便局にって、

義援金の応募から・・・。 

 

 

 

3 コメント
コメント一覧
  • 1

    もの凄く遠い間接的な事なんですが、うちの実家の青森県、
    一時期新幹線開通で明るい兆しでしたが、新幹線が寸断されて観光業界には大きな打撃が。
    なので、そういうところに旅行に行ったりする事も間接的に周りを支える事になり、税収を支える事にもなるかと。
    税金→自衛隊の活動などを支えるわけですし。
    希望的な観測ですが、税金で出荷停止の農家の被害も支えて欲しいと思います。
    軒並みスキー場はクローズですが、ほそぼそとあいている場所もあるようです。
    私は3月11日にシーズンは終わりました。
    明日は子どもを連れて青森にプチ避難です。

    by: 東路子, on 2011/03/28
  • 2

    今日から土浦以北も毎時1本ながら…。
    以南も変則毎時2本。低速かつ空調OFF。

    お花見や卒業旅行な時期ですが現況だと…。

    後藤先生たしか3月お誕生月だったような(記憶違い?)

    by: pn.春よ来い, on 2011/03/31
  • 3

    pn.春よ来い さま
    1本ですか…。
    まだまだ不自由な日が続きますね。
    でも、通っただけ、感謝せねば!

    はい。まさに今日、お誕生日でした。
    「はっぴーばーすでー とぅーみー!」

    東 様
    なるほど。
    節制、緊縮ばかりが善とは限らないという考え方も
    できますね。
    今シーズンのスキー談義、
    近々、ココで語っちゃおうかな!

    by: 後藤 彩子, on 2011/03/31
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: