先生のブログ

踊る教員日記

後藤彩子のブログ

プロフィール
2009/11/29

束村博子さんの講演会

昨日、某女子校が主催する、連続講演会を聴きに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋大学准教授、同男女共同参画室長の、束村博子先生による、

「男と女はどう違うのか?女性の力で日本を活性化!」というテーマでのお話し。


半分は自分から望んで、半分はお役目上引き受けての講演会出席。

このところ、ちょっと考えたいことや、勉強したいなと思うことがありまして…。
すると不思議なことに、立て続けに講演会を聴きに行く機会や、ためになる本との出会いがありました。
まるで勉強の機会が向こうからやって来たかのように。



さて、講演会の最後に、先生がナゾナゾを出題。
「お父さんが運転する車ででかけた太郎君。
途中で車が大事故を起こし、お父さんは即死、太郎君も瀕死の重傷に。
運び込まれた病院で、出て来た優秀な外科医が太郎君を見るなり『息子です!』
さて、この優秀な外科医は太郎君の何?」

 

4 コメント
コメント一覧
  • 1

    TVドラマとかじゃね,
    だいたい,壮年~熟年の男性が演じてたりしてて・・・。
    イドラになってますよね。
    日本じゃこれが
    ナゾナゾになっちゃってるってこと自体,
    悪寒( オ カ ン )が走ります。

    by: M越T治, on 2009/11/29
  • 2

    正解!
    まさにそれが、先生のまとめの言葉でもありました。

    答えがすぐにわかった私は、
    「なぜ、それがナゾナゾなの? 何かひっかけがあるの?」と
    深読みしてしまいましたが、
    周りの方々の中には、結構、先入観にとらわれて
    悩んでいた方が多かったようです。

    by: 後藤 彩子, on 2009/11/30
  • 3

    お疲れさまでした。
    たくさんの情報をみんなで集めて,プロジェクトの成功に繋げましょう。

    by: 張替起子, on 2009/12/01
  • 4

    色々なところから知識やアイディアをもらいつつ、
    取手聖徳ならではの企画に育ててまいりましょう!

    by: 後藤 彩子, on 2009/12/01
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: