先生のブログ

踊る教員日記

後藤彩子のブログ

プロフィール

記事一覧

過日,完成した学校案内(パンフレット)を
効率よくお配りするための,セット&袋詰め作業・・・。
私自身,以前は,
こういうのって,機械で自動的になされているのかと思っていましたが,
実は,意外にマニファクチュアなんです・・・。
・・・少なくとも,本校では
教員・事務員,総出の手作業です。
心をこめて,パンフレットを作り,
心をこめて,袋詰めしました。
パンフを受け取られた方,
私たちの 「心」 もお受け取りください!!!
続きを読む…
保健で,チラっとだけ登場する,「自律神経系」。
「自分の意志とは関係なく働く,心臓とか血管とか消化器を
自動的にコントロールするシステム。
交感神経と副交感神経があって,
交感神経は 『緊張・興奮・ストレス』 場面で働き,
副交感神経 『休息・リラックス』 場面で働きます。」
保健の授業では,これくらいの説明でよいのですけれど,
教える以上は詳しく勉強しておかなきゃ,と,
以前,調べていた時のことです。
「心臓 ; 交=拍動促進,副=拍動抑制」
・・・うんうん。
緊張・興奮すると,ドキドキするもんね。
「瞳孔 ; 交=拡大,副=縮小」
・・・うんうん。
ウチ(実家)の猫,興奮 続きを読む…
中学新指導要領で必修化されたダンス。
高校では,長年「ダンス」を教えてきましたし,
中学でも,体育祭が秋だったころは,マスゲーム的ダンスをやってきました。
でも,去年から 「中学で即興系・創作系のダンスができないか」
と,新たな内容や指導方法を試行錯誤しています。
今年の中2は,ダンスへの興味関心が高い子が多いようで,
生徒達もとても楽しそうに参加しています。
私も,教えていて本当に楽しい!
リズムダンスを終えて,いよいよ創作ダンスに入っていこうと思います。
とても自由な発想で,
ワイワイ考えている様子を見ていると,
こちらも面白くてたまりません。
さあ! どんな作品が 続きを読む…
学校案内(パンフレット)の作成に首を突っ込み始めて
今年で3年かな・・・?
パンフレットやポスターに使われる写真には,
私なり,素人なりにこだわりがありまして・・・。
いつも,カメラマンさんや業者さんにお願いしているのは,
「動きのある,風を感じるような写真にしてください」
ということ。
おすまし して構えて,ポーズを決めた写真よりも,
多少,髪が乱れていても,
「時間の流れの中の一瞬を切り取ったような」写真が好きです。
あくまでも,個人的な趣味ですが・・・。
でも,そのほうが,取手聖徳の生徒たちの,
明るさや活気が伝わるような気もしています。
パンフレットの写真は昨日 続きを読む…
今年も,完成いたしました,学校案内!
(出来たて,ホッカホカ)
表紙は,数年続いた「イラストver.」から,
久々の「人・写真ver.」です。
右が中学校,左が高等学校です。
(そのほか,保護者用学校案内,音楽科リーフレットがあります)
これから組み合わせセッティング等を行って,
お配り or 発送いたします。
資料請求中の方,
もう少々お待ちください!
続きを読む…
女性キャリア「情報収集の技術」のプログラムの一環で、
生徒を連れて、聖徳大学の図書館見学に行ってきました。
生徒たちは、立派なメディアホールや機械式の書庫に感動した様子。
大学の職員さんの説明。
「大学の図書館は主に、『勉強する』『調べる』ためにあります。
目的の本にたどり着くためには、
本の探し方を知らないと、活用できないのです。」
その通り。
まさにそれが、プログラムの趣旨。
「今はインターネットでも色々なことが調べられます。
でも、『本』で先人たちの知識を知ることも大切です。」
それもまた、共感。
大学図書館では、本のタイトルから、
あるい 続きを読む…
「後藤先生,今週の4Cの授業,とても良かったですよ。
課題もしっかり取り組んだし,
提出物の提出率も優秀だったんですよ!」
担任するクラスの生徒のことを褒められたら,
そりゃ,とてもうれしい。
けれど,
私が何か働きかけたわけではなく・・・。
そのきっかけに心当たりなし。
でも,確かに何だか,明るくなってきた気はします。
明るくなってきたら,学習や作業への取り組みも
前向きになってきたような気がします。

バリアーが解除されて,
心が少し解放されてきたのかな・・・。
心が解放されると,反応が良くなって,
そうすると,先生方も授業にノッってきて,
そうすると,授業がさらに楽 続きを読む…
本日の4年生保健の授業は,「心臓のお話」。
教科書にはない単元ですが,
0単元と称して,からだの主な器官を復習しています。
「心臓を出入りする4つの主な血管と
心臓の4つの小部屋の名前を覚えましょう。」
で,血液の流れを確認して・・・,
「『肺へ行く』 あるいは 『肺から戻ってくる』 のが 『肺なんちゃら』」
「『体へ行く』 あるいは 『体から戻ってくる』 のが 『大なんちゃら』」
「心臓から 『出て行く』 血管が,『動脈』」
「心臓に 『入ってくる』 血管が,『静脈』」
さて,ココで 「後藤流,こじつけの術」 が登場します。
「イメージで覚えましょう。
朝,起きます。気持ちの 続きを読む…
この夏の,個人的な目標は,「人間ドック」入り。
で,
共済ブック(私学共済が発行する,福利厚生案内)を頼りに,
近くの病院と,事業団直営の病院の2つに絞って問い合わせをしたら・・・,
最も早く予約が入れられるのが,
一方は12月,一方は10月・・・。
うっ・・・。
予約をとるのも大変なんですね。
甘く考えていました。
・・・私の目標,すでに,挫折。
ちなみに,
私学共済事業団って,直営病院持っていたんだ・・・。
初めて知った・・・。
(おそっ!)
続きを読む…
本日3校時、2A(社会・日本史)の試験監督・・・。
つらつらと試験問題を眺めつつ、
教室後方に置いてあった、生徒の歴史教科書を覗いたら・・・。
あらー、私たちの時代とずいぶん教科書も変わりましたねー。
フルカラー印刷だし、
おお! 「高句麗」の上下に、2種類のルビが付いている!
下に「こうくり」、上に「コグリョ」。
「新羅」もしかり。
下に「しらぎ」、上に「シルラ」。
「百済」は「くだら」「ペクチュ」。
私たちの時は、日本語の読みしか書いていなかったもんなぁ・・・。
韓ドラマにハマっている私。
韓国歴史ものでは、
「朱蒙」
(高句麗の始祖、東明聖王(朱蒙=チュモン、紀元前58年~紀 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566