先生のブログ

踊る教員日記

後藤彩子のブログ

プロフィール

記事一覧

もう幾つ寝ると、お正月?
2010年を微笑みをもって迎えらるように、
ほほえましく、愛らしい動画をお届けします。
レーキャン帰りに足をのばし、
一度は見たかったアレを見るため、
念願の場所へ。
冬休み、補講、部活動にあたられた先生がた、
お疲れ様でした。
みなさま、よいお正月を!
(重くてごめんなさい。
 画像上でダブルクリックしてください。
ペンギンさんたちが歩き出します。
中に、ペンギンの着ぐるみを着たようなペンギン(子供です)や
横歩きするペンギンがいます。)
続きを読む…
2009/12/27

私も充電中

心と体の調整、モチベーション充電のため、
白銀の世界に来ております。
例年、春から秋までは日祭日返上も辞さずに突っ走り、
冬だけは自分のための時間を確保させていただいております。
今日は1分20秒越えの、超ロングコース実践トレーニング。
バーンコンディションとセットにヤラれまくり、
自分の技術と体力と精神力の不足を実感…!
体力のなさは、理論と経験でカバー…、って、
そう理想通りにはいかないものですな。
リフレッシュも兼ねてのレーキャン参加なのに、
思いきりヘコんでおります。
でも…、
何かで少しでも進歩が自覚できれば、自信につながります。
続きを読む…
2学期終了!
我が4S,
・・・中間考査が終わるまでは,はっきり言ってヌケ切っていました。
はっきり言って,途中は,どうなることかと思いました。
でも今日は,とてもさわやかな気持ちで終えることができました。
生徒たちの成長の手応えを感じることができたからです。
2学期の後半,生徒たちの心が大きく成長したのを感じました。
「あ,今まさに,子どもから大人になろうとしている!」
もしかしたら私は,ものすごい変身の瞬間を目の当たりにしていたのかもしれません。
さなぎが蝶になるような,産毛がぬけて巣立ちの日を迎えるような・・・。
実際には目には見えないけれど,確実な変化を感じた2学期後半。 続きを読む…
成績処理、分析、フィードバックシートの作成に大忙しの毎日です。
部活動にもあまり顔を出せていません。
ダンス部のみなさん、ごめんなさい。
でも、コーチの方に助けられています。
部員たち、普段は使わない筋肉を使って、筋肉痛のようですが、
普段とは違った練習に、体も心も刺激を受けているのではないでしょうか。
さて、クラスの成績のほうは・・・、
努力のあとが大いに見られました!
「負けたくない」「やれば結果に結びつく」
そんな気持ちや手ごたえが、個人の反省シートからもひしひしと伝わってきました。
我がクラスでは、考査ごとに、成績、学習時間、提出物などの状況を
グラフ化してフィードバックし 続きを読む…
日帰りで、行ってきました、今シーズンの初SKIing。
初○り・・・と言いたいところなのですが、受験シーズンゆえ、その表現は自粛。
今年はちょっと、出遅れました。
私も、ゲレンデも・・・。
え? ここはどこ・・・!?
大丈夫。上にはちゃんとありました。雪・・・。
スキー部の皆さんが、関東&インハイ予選をするスキー場です。
連日、スタッフが必死で人口降雪をしてくれているそう・・・。
予選には、充分間に合うでしょう。
今回はプライベートでしたが、帰りにはちょっとお役目も。
予選で泊まる宿に寄って、ご挨拶 続きを読む…
先日の、私と私の父親との会話です。
私;「以前はね、よく生徒に『1を聞いて10を知りなさい』って言ってたんだ。
でも最近はね、1から10まで言わないと、なかなか伝わらない。
中には、10言って1もできない子もいたりしてね。
こっちもそれに慣れちゃっている。それも問題。」
父;「それは大人の社会も同じだ。
若者の間に、こと細かく指示しないと動けないのが多いらしい。
新人教育には、どこも苦労しているようだよ。」。
父は、人を使う立場にいたこと、講師の経験があることもあって、
教育や人材育成には、それなりの考えを持っているようです。
そんな話がさらに発展して、
父;「1から10まで言うの 続きを読む…
一段と寒くなってきました。
朝、車のフロントガラスが凍る季節になりました。
駐車場に行って、マイカーのフロントガラスがカッキーンと凍り付いていると、
「やられたー」と思います。
ここ2日間は大丈夫でしたが、その前2日はヤラレました。
氷が融けて、曇りも消えて、完全に視界が開けるまで、しばしの足止め。
車の中には常に、氷解スプレーが置いてはあるのですが、
去年までに色々試して、一番早かったのは、
ペットボトルにお湯を汲んでいって、ドバドバとかけること。
特に冷え込んだ日は、2Lペットボトルにたっぷりのお湯を持っていかないと、
かけたそばから凍ってゆくこともあるので、注意、注意!
かけた水が 続きを読む…
昨晩,救急車のサイレンの音に眠りを遮られました。
遠くから,けたたましい音で近づいてきたサイレンの音が,家の前で止まりました。
夢うつつの私の中で,野次馬根性と睡魔の戦いが・・・。
その結果,睡魔が勝利。
私は再び,深い眠りへ。。。
朝,起きると,外が騒然としていました。

「何があったんだろう?」と思いながら,現場を過ぎて振り返ると,
道の角に
「ひき逃げ死亡事故発生,目撃者を探しています。12月9日午前1時20分ごろ」
との立て看板が!
ひき逃げ!?
あな,おそろしや・・・!
この道,見晴らしは良いのですが,夜中は飛ばす車が多くて・・・。
トラックやダンプも 続きを読む…
2009/12/05

鳥命救助!

中学推薦・専願入試を終え、入試対策説明会場から内部進学説明会場に移動途中、
ベランダにうずくまる、一羽の鳥さんを発見!
「かわいいなぁ。何の鳥だろう?」などとのんびり眺めていた私。
そこに通りかかった長野校長。
「人の姿を見て逃げないのは、怪我しているんだ。」と
さっとドアを開け、ベランダに出て鳥さんを捕獲。
校長先生、
「私、上から、よく怪我をした鳥が降ってくるんだよね・・・。
もう何羽も救助しているんだよ。」
鳥たちも、頼りになる人を知っているのでしょうか。
鳥さん、ごめんね・・・。
私はただ、ほのぼの眺めているだけでした。
鳥さんは、事 続きを読む…
今日は、スキー部の大会プログラム編成会議で、水戸に出張でした。
私自身、スキーが趣味で、そのご縁で引き受けたスキー部副顧問ですが、
生徒を連れての大会となると、一人で行くトレーニングや大会とは勝手が違うようです。
連盟の皆さんに色々質問をして、現地でのお仕事内容を確認。
頭の中でシュミレーションをして、往復や宿泊も含めて問題点もピックアップ。
学校に戻って、F橋先生と作戦会議。
知り合いやツテを最大限に活用して、情報収集、協力要請・・・。
正直、私自身手探り状態ですが、
頑張っているスキー部の生徒たちの、何らかの力になりたいという思いは強く持っています。
なぜなら、私もスキーを、スポーツを 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869