先生のブログ

張替の『ほぼ日通信』

プロフィール
2012/01/12

第3学期「女性キャリア」スタート!!

1月10日(火) 第3学期始業式。生徒代表の「始業にあたって」の作文発表,長野校長先生からのお話。

 

 「困難」「混迷」の時代だからこそ,「自分自身の人生は,自分の手で切り拓いていくのだ」という気概をもって……。決意を新たにする一日。「大きな夢」に向かって,あきらめずに継続して努力していく。一歩一歩の積み重ねが,「飛躍」に繋がる……。

 

 始業式当日から,「授業」も「補講」も「部活動」もフル回転。冬休み中にしっかり「調整」できていたのでしょう,生徒たちは,さまざまな活動に集中して取り組んでいました。

 

 そして,今日,12日(木)は「女性キャリア」の日。中学生は,学級活動に取り組んでいました。

 

 3校時,4年生は,長野校長先生の『炎の小論文講座』。

 

 

 私は,今回が4度目の受講でしたが,「秘伝」の講座は回を追うごとに brush up されていて,メモをとりながら聞き入ってしまいました。先生のお話された方法は,「もっとも基本的な簡単な書き方」です。しかし,その「基本」をしっかり身につけることは,「思考の整理」に繋がり,「筋道を立てて自らの考えを述べる力」を育てます。「論理的に述べなさい。」と言われると,どう述べてよいのか不安になります。長野メソッドは,その不安を払拭し,小論文を身近なものにしてくれます。「評論文」の読解力のアップにも繋がる講座でした。

 

 今回の講座は,「導入」「講座の目標と学ぶべき内容の提示」「展開」「まとめ」「振り返り」という流れが明確でした。授業の展開の方法のお手本を見ているようでした。講座の内容に加えて,「授業の仕方」の研修にもなった一時間でした。校長先生,ありがとうございました!!

 

 午後は,5年生の「女性キャリア」。3学期のプログラムは,「商品開発」。5校時は,視聴覚室でプログラムの内容や課題の説明をしました。

 

 今回の「商品開発」は,「地域活性化」と結びつけて行うこととしました。出身中学校を基本に,グループで開発に取り組みます。

 

 

 生徒たちに今回のプログラムのイメージをつかんでもらうため,冬休み中から準備してきた,私の故郷の町についてのプレゼンをしました。私の「商品開発」は,企画もの。『「埋蔵金伝説」と「つむぎの里」体験ツアー』で,町の活性化に繋げようという企画です。

 

 

 財団法人 地域活性化センターからお借りしたDVDも見ました。たくさんある資料の中から,酒井先生がセレクトしてくださったものです。

 

 地域の魅力を,「自然」「歴史」「モノ」「サービス」という,新旧,「見えるもの」「見えないもの」を組み合わせた4つの視点から発掘する方法。「商品に対するこだわり」「地域らしさ」 「消費者ニーズ」など,商品開発の際に配慮すべきことなども的確にまとめられていました。そして,その商品をPRする際の3つの戦略,「プレミアム戦略」「コミュニケーション戦略」「ロイヤリティ戦略」。参考になることがたくさん組み込まれていました。

 

 2月中旬にプレゼン大会を予定しています。さて,どんな企画が出てくるか?!楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: