先生のブログ

張替の『ほぼ日通信』

プロフィール
2017/10/25

大地震に備えた避難訓練を実施しました!

 5校時の授業開始10分後,緊急放送が始まり,校舎内にサイレンが鳴り響きました。大地震に備えた避難訓練の始まりです。

 

[ 整然と第一体育室に集合する生徒たち ]

 

 「予期せぬ災害時に生命の安全を図るため,確実に避難できること」を目的とし,今年度 2度めの避難訓練でした。取手市椚木(くぬぎ)消防署から3名の隊員の方が,お忙しい中,来校してくださいました。

 

 今回の訓練は,昨日の朝のSHRで,「今週中に,大地震を想定した避難訓練があります。」と告知し,起震車を体験する代表生徒を選出しただけで,詳細な日程は告知されていませんでした。生徒たちにとっては,〝5時間目が始まってしばらくした時,急に地震が発生した〟のと同じ状況での訓練でした。

 

[ 点呼も迅速に行われました。 ]

 

 生憎の雨模様で,グラウンドへの避難と起震車体験は実施できませんでしたが,放送の指示に従って整然と行動できたことは大きな収穫です。(起震車は精密機械のため雨に弱く,少しでも雨が降っていると体験をすることができないそうです。)

 

 避難終了後,取手市椚木消防署の方からご講評とご講話をいただきました。「災害はいつ起きるか分からない。しかし,基本の心得はどんな場でも同じ。一番大切なことは,〝自分自身の命を守ること〟だ。」とのお話で,生徒たちもよく知っている基本の心得「お・か・し・も」の復習をしてくださいました。

 

    お ・・・ 押さない

    か ・・・ 駆け出さない

    し ・・・ 喋らない

    も ・・・ 戻らない

 

[ 椚木消防署の方からのご講評 ]

 

[ 岩崎教頭先生からの講話 ]

  

 大地震,起きて欲しくはありませんが,もしもの時の備えは大切です。学校で授業を受けている時ばかりでなく, 登下校中,家庭でくつろいでいる時,就寝中等,さまざまな場面を想定し,〝自分自身がとるべき行動〟を考えておきたいものです。

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: