先生のブログ

張替の『ほぼ日通信』

プロフィール
2018/04/19

「探究」始動!

 6校時終了後,[ 平成30年度 第1回 全校集会 ]を開催しました。

 

 

 明和会(生徒会)役員中心に,生徒主体で運営している“全校集会”です。川並芳純校長先生からは,「新年度のスタート,学習だけでなく部活動や委員会活動にも積極的に取り組んで欲しい。」「生徒一人ひとりが生き生きと活発に活動し,取手聖徳女子を盛り上げていこう!」とお話がありました。

 

 

 国際交流委員会の大田萌子先生からは,ご自身の体験を交えながら,「実際に外国に行って,実体験することの重要性」についてお話がありました。「ヨーロッパの石造りの建物では,ピアノの音の響きが違う!」そうです。世界遺産大好きの私,東欧や北欧の国々のお話等,もっともっと伺いたいなぁとワクワクしながらお話を聞きました。

 

 取手聖徳女子中高では,7月に「ブリスベン語学研修」,8月に「British Hills 英語研修」と「Global Camp」等,様々な国際体験プログラムを用意しています。生徒の皆さんには,ぜひ,積極的に参加してほしいと思います。

 

 

 教育開発部の小林慎太郎先生からは,今年度から始まる新たな補講「探究補講」についての説明。

 

 

 取手聖徳場中高では,授業全般で「新しい学び」を追究しています。生徒一人ひとりの「知りたい!」「なぜ?」を出発点に,主体的・協働的学びを進めています。放課後の「探究補講」は,学年をおってステップアップする仕組みになっています。小林先生からは,「探究的に学ぶ意義・重要性」を再確認するお話があり,「探究補講へ多くの生徒に参加して欲しい旨のお話がありました。

 

 「学びの質」が大きく変わり,高大連携のあり方も“転換点“を迎えています。わくわく楽しんで学び,未来を築いていきましょう。

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: