先生のブログ

張替の『ほぼ日通信』

プロフィール
2018/04/23

正しく,美しく ~ 箸再考

 昨日までの真夏のような暑さから一転,曇り空の肌寒い一日になりました。

 

 今朝,1A(中学1年A組)では,川並芳純校長先生によるSHRが実施されました。今日のお話のテーマは「箸」。前学園長の川並弘昭先生が15年前に書かれた「箸再考」と題した文章を読み説きながらのお話でした。

 

  

 

 元気なあいさつからSHRは始まりました。校長先生は,入学後間もない1年生たちに,「学校にはなれましたか?」「楽しく学校生活が送れていますか?」と易しく語りかけ,お話が始まりました。「人は一人では生きていくことはできません。大小様々な集団の中で,多様な人と関わり生活しています。」「他の誰かと繋がる時には,その他者を思いやる“気づかい”が必要となります。“あいさつ”は人間関係の基本です。お互いに気持ちよくあいさつを交わし合い,よい人間関係を築いていきましょう。」

 

 

 「他の人たちと共に生きる時,相手に対する気づかいが必要です。すなわち“マナー”です。」校長先生のお話は続きました。

 

 

 

 

 「正しく」「美しく」という2つの側面からのお話。生徒たちは,プリントにラインを引きながら真剣に取り組んでいました。

 

 

 

 最後に,実際にお箸を持ってみて,「正しく持てているか?」「正しく動かすことができるか?」を確かめました。

 

 

 ・・・ ✽ ・・・ ✽ ・・・ ✽ ・・・ ✽ ・・・ ✽ ・・・

 

 今日の会食(給食)は,ストロガノフ・グリーンサラダ・牛乳でした。今週は元気な5C(高校2年C組)の生徒たちと一緒にいただいています。

 

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: