先生のブログ

張替の『ほぼ日通信』

プロフィール
2018/04/25

なぜ“チャイム”じゃないの?“フリッカー”に込められたメッセージは?

 3校時,2A(中学2年A組)の国語の授業を見学させていただきました。特別進学コースの生徒 7名対象,S先生の授業です。素材は,加賀美幸子さんの「メッセージをどう聞くか」という文章でした。

 

 

 新しい学年・新しい教科担当の先生になり,まだ2週間足らずですが,とても和やかな雰囲気の中授業が進んでいました。

 

 

 教科書の文章は,「私たちの暮らしにはメッセージがあふれている。テレビや書物,人の言葉,自然の様子,出来事,その他,世の中に存在する全ての事や物には,メッセージがあるはずだ。」 〈 略 〉 「世の中のさまざまなメッセージの中から何を感じ,何を捉えるか。メッセージの捉え方はそのままその人間の在り方,生き方を表すのではないだろうか。」と結ばれていました。

 

 キーワード “メッセージ”の意味に注目して,読みは進められました。個々の生徒がじっくり文章と向き合い考えたり,グループで互いの考えを伝え合ったり……。楽しそうに授業に臨む生徒たちの姿が印象的でした。

 

 

 S先生から,「身近なものに込められた“メッセージ”を考えてみましょう。」と投げかけられた生徒たち。先生は教室にかけられている時計を指さし,「例えば,あれは?」と続けられました。

 

 

 取手聖徳女子中高では,授業の始めと終わりを知らせる“チャイム”は鳴りません。時計についているオレンジやグリーンのライトが「カチッ, カチッ,カチッ」っと小さな音を立てながら点滅するだけです。

 

 「なぜ“チャイム”じゃないの?先生は“チャイム”が当たり前だと思っていたよ。」「なぜ“フリッカー”なの?そこに込められた“メッセージ”は?」 生徒たちの答えは……。とってもうれしいものでした。

 

 前学園長先生が「“フリッカー”に込めた“メッセージ”」は,36年経過した今,在籍する生徒たちにきちんと伝わっているのだなぁと,先生と生徒たちのやりとりを聞きながら,とってもうれしくなりました。

 

 

 S先生・2Aの皆さん,ありがとうございました。また,見学させてください。

 

・・・ ✽ ・・・ ✽ ・・・ ✽ ・・・ ✽ ・・・ ✽ ・・・

 

 今日の会食(給食)は,スパゲティミートソース・茹で野菜サラダ・牛乳でした。

 

 

1 コメント
コメント一覧
  • 1

    なぜ並盛りじゃないの? それは,
    大盛りパスタに込められたメッセージ。

    by: 水越卓治, on 2018/04/25
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: