先生のブログ

張替の『ほぼ日通信』

プロフィール
2018/05/01

早苗立つ田に水満つる季節

 風薫る季節,5月が始まりました。日差しは初夏を思わせ,新緑が青空をバックにきらきらと輝いています。

 

 

 取手聖徳女子中高周辺の田んぼ,清らかな水が満ち,田植えが急ピッチで進んでいます。

 

 

 正式な衣替えは6月1日ですが,5月は“夏服・冬服併用期間”になります。初日の今日,気温の上昇に備えて,夏服を着用している生徒も多く見られました。

 

 

 4校時,2Aの「社会(歴史的分野)」の授業を参観しました。古代日本の国家の成り立ちについて,「農耕」と「灌漑」をキーワードに授業が進んでいました。生徒たちは,窓から見える田植えの風景と電子黒板や黒板に書かれた古代の模式図を見比べながら,「古代国家の成り立ち」について学びを進めていました。

 

 

 パワフルなM先生の授業。国宝「金印」のレプリカ等,実際に触れる機会を持ちながら授業が進みます。

 

 

 全員のノートにも「金印」の印影。なかなかうまくは押せません。実際は“紙”ではなく“粘土”に押していたものだそうです。いわゆる「封泥(ふうでい)」というもので,文書を入れた荷にかけた紐の結び目を粘土の塊で封じた上に,この印を押して文字を浮かび上がらせ,文書の盗み見を防いだものだそうです。封ろう(シーリングスタンプ)みたいな役割をしていたものでしょう。

 

 

 2Aの生徒たちは活発に発言し考えを共有しつつ,「国家の成り立ち」という壮大なテーマを身近なものとしてとらえていたようです。窓の外は初夏の日差し,田植えがのどかに進んでいました。

 

 

・・・ ✽ ・・・ ✽ ・・・ ✽ ・・・ ✽ ・・・ ✽ ・・・ ✽ ・・・ ✽ ・・・

 

 今日の会食(給食)のメニューは,ポークカレー・ミモザサラダ・フルーツヨーグルトでした。

 

 

 今週は,4A(高校1年A組)の生徒たちと一緒にいただいています。入学して1ヶ月,元気な新入生たちです。

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: