先生のブログ

張替の『ほぼ日通信』

プロフィール

記事一覧

 「うちの学校で一番よく辞書を引くのは,張替先生だね!」数年前,井後先生から言われたことがあります。
私の担当教科は国語。生徒たちからも先生方からも,「ことば」,用語・用字についての質問を受けることもしばしば。お答えは,必ず辞書に目を通し,確信を得てから。私自身もことばを通じて発信する機会には,曖昧なものはそのままにせずに,念のため辞書を引くようにしています。それが,「国語の先生」の責任だと思っています。
普段使用しているのは,CASIOのEX-wordという電子辞書。ちょっと古いので『広辞苑』は第五版です。それから校内からは,『日本国語大辞典』をインターネットで検索できるようになっていて, 続きを読む…
 皆さんは,「ステップ」という言葉から,何を連想しますか?
 私の頭に浮かんだのは,「ステップ・アップ」「ステップ・バイ・ステップ」「ワルツのステップ」など。
実は,私は,この「ステップ step」という言葉が大好き!国語の朝学習プリントを[Step Up Test]と名づけたこともあります。Step by step,階段を一段ずつ昇るように,物事を一つ一つ,着実に進めていくことが好きなのかもしれません。
人の成長過程も,この「ステップ」の連続だと考えています。日々の small step の積み重ねを大切にしていくことが,大きな成長・飛躍に繋がると信じて,毎日教壇に立っています。
さて 続きを読む…
 今週発売の『週刊文春』の書評欄を読んでいたら,次のような推薦文が目に留まりました。
 「母が鍋いっぱいに煮た黒豆,部活の休憩時間に食べたはちみつレモン,子どもの初受験の朝につくって出したうどん―日々の何気ない食事風景に短歌を一首添えて。日常を見つめる歌人の感性が光る,食のエッセイ集。」
 東直子さんの『千年ごはん』の推薦文でした。書評を読んで,翌日,Amazon.com で注文。昨日届き,一晩で読んでしまいました。
 実は,私には密かな野望があります。それは,「小野小町文芸賞 短歌の部で大賞をとって,小町の里に歌碑をたててもらいたい」という,大それた野望です。
 筑波山のふもと,旧 続きを読む…
 第2学期の中間考査も残すところあと1日。生徒たちは,日頃の学習の成果を試すべく,真剣に取り組んでいます。
 私の担当する5年生(高校2年生)の[古典]のテストは,最終日の最終時間に実施することになりました。
 練りに練った考査の問題は,既に出来上がり,保管庫の中で熟成されています。模範解答も出来上がり,後は,生徒たちの答案用紙を楽しみに待っている状態です。
 普通科特別進学コース対象の問題。普通科進学コース・児童保育コース・スポーツアドバンスコース・音楽科対象の問題。どちらも,歯ごたえのあるものに仕上がっています。
 5年生の皆さん!先ずは,基礎・基本をしっかりと確認しましょう。そして 続きを読む…
 毎週,木曜日,取手聖徳女子中高では「女性キャリア」の時間を実施しています。各学年毎に取り組む内容は異なりますが,生徒一人ひとりが主体的に取り組み,将来の自己実現に向けてのアプローチを続けています。
 毎週毎週,さまざまなプログラムに取り組み,一歩一歩,階段を上るように,ステップ・アップしていきます。時には,立ち止まり,振り返り,後戻り。そんな日々を繰り返す中で,生徒たちは「何か」に気づき,心を,志を大きく育てています。
 そんな中,昨日,「インターンシップ学年発表会」が開かれました。この夏,インターンシップに取り組んだ5年生。1学期から準備をし,夏休み中のインターンシップ。今回は,そのまと 続きを読む…
 先日の朝のこと。教職員の打ち合わせを終え,私は,印刷室で,5年生に配布する「中間考査対策のプリント」を準備をしようとしていました。
 私が印刷室に入ると,事務室のMさんが,印刷機のマスター廃棄Boxの中身を捨てている場面に出くわしました。
 「一杯になっちゃった?」と私。
 「ううん,毎朝,捨てているのよ。」とMさん。
 そう言われてみると,以前はよく「マスター廃棄Boxが一杯になりました!」という場面に当たっていたのに,このところ,全く遭遇していないことに気づきました。
 「すごい!!毎朝,大変でしょう。ありがとうございます。」という私に,Mさんは,「先生方が印刷しようとしたとき, 続きを読む…
 数日前のこと。細津先生がニコニコしながら,「これ読みました?」と。手にされていた本が,この『真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ』(大沼紀子さん著・ポプラ社刊)でした。
 以前から,気になっていた一冊。雑誌や新聞の書評や本屋さんで目にしたとき,「買おうかな?」と思っていたのですが。嬉しくってすぐにお借りしてしまいました。
そういえば,Amazon.comから,何度もこの本のお薦めメールが送られてきました。(私は,オンライン書店Amazon.comのヘビー・ユーザー。Amazon.comはaffiliate programを実施していて,定期的にユーザーごとの「あなたへのお薦め」をメール 続きを読む…
 今日,午後は,2年生・5年生の「女性キャリア」。私は,担当する5年生のプログラムに。
 5年生(高校2年生)がこの夏に取り組んだ「インターンシップ」。今日は,そのグループ別の発表会です。学年を8つのグループに分け,それぞれの体験を発表します。その内1班が,グループを代表し,来週,学年発表会に進みます。
 5校時は,発表の最終準備と簡単なリハーサル。私の担当する班は,模造紙の仕上げも完璧!黒板に掲示して,発表会前に記念撮影をする余裕もありました。
 昨日の放課後,居残りして準備を完了させた班もあったようです。とてもよくまとまっていました。
 記念撮影後,各班は準備の総仕上げ。打ち合 続きを読む…
 今日は,木曜日。取手聖徳女子中高では,「女性キャリア」プログラムが行われる日です。
 まず,3校時,中学1年生のプログラム。今回は,サプライズ企画。保護者の方々にご協力いただいた企画です。生徒たち一人ひとり宛のメッセージを,お借りした写真としもにパワーポイントでまとめて。細津先生が,一人ひとりに語りかけるように,朗読してくださいました。

 最初は,写真の一枚一枚に,「キャー!かわいい~!!」とざわめいたり,「だれ?だれ?」とキョロキョロしていた生徒たち。それが,プレゼンが進むうちに,いつの間にか静かになってしまいました。
 「寝ちゃったの?!」と覗き込んでみると,画面やスクリーンを食 続きを読む…
 5年生の普通科進学コース・児童保育コース・スポーツアドバンスコース,音楽科の古典で,「隗より始めよ」を読み始めました。南宋の曾先之(そうせんし)の書いた歴史書,『十八史略』に載っているお話です。
 舞台は,「戦国の七雄」の一つ「燕」。「燕」は,北は異民族と国境を接し,南は東西を大国「斉」と「趙」にはさまれた,不安定な弱小国です。内乱に乗じて「斉」に攻め込まれ,大敗した上に父親を殺された「昭王」は,「斉」に復讐することを誓います。
 「昭王」は,まず,「優れた人材」が必要だと考えますが,なかなかうまく人が集まりません。そんな「昭王」に,臣下の「郭隗」は,昔話を始めます。
 昔,ある王様が, 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138