先生のブログ

張替の『ほぼ日通信』

プロフィール

記事一覧

昨年10月、ご懐妊中にもかかわらず、取手聖徳女子中高の生徒たちのために茨城まで足を運んでくださった野田聖子先生。昨日、無事、男の子をご出産になりました。おめでとうございます。

あの日、野田先生の「女性キャリア」特別授業、『今、思うこと〜10代の女子へのメッセージ』を受けた生徒たち、そして、私たち教職員一同、お子さんの誕生を心待ちにしておりました。先生のお話を伺い、お腹の中のお子さんのことを、とても身近に感じておりました。ご出産のニュースを知り、とても嬉しく幸せな気持ちになりました。

先生からいただいたメッセージ、生徒たちはしっかり受け止めました。「やらずに諦めるより、挑戦して失敗した 続きを読む…
今日は午後から風が強くなり、寒くなりましたね。「七草寒波」だとか。

そんな中、取手聖徳の校庭で、春の息吹を見つけました。

紅梅が綻び始めたのです。
取手聖徳女子中高では、毎年、卒業生が記念植樹を行います。昨年度は「早咲きの白梅」でしたが、それ以前は「紅梅」が定番でした。

毎年、この「紅梅」が、取手聖徳に春を告げてくれます。

続きを読む…
 昨日は,取手聖徳女子中学校一般入学試験・特待選考試験の第1回が実施されました。真剣な表情で問題に取り組む受験生たち。答案用紙に,一字一字,刻み込むように鉛筆を走らせていました。ふと,窓の外を見ると,新春のうららかな陽光。室内の凛と引き締まった雰囲気と対照的な穏やかな一日でした。
 合格した受験生の皆さん!合格おめでとうございます。4月から皆さんと一緒に勉強できること,楽しみに待っています。取手聖徳の新たなページを,一緒に築いてゆきましょう!
 1月9日(日)には取手聖徳女子高等学校推薦入学試験・内部推薦入学試験が,16日(日)には取手聖徳女子高等学校一般入学試験・特待選考試験が予定されてい 続きを読む…
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

さて、みなさんは、どんなお正月をお過ごしでしょうか?雪景色の地方も多いようですが、関東平野はすっきりと晴れ、穏やかなお正月です。

我が家の元旦は、お雑煮ではなく、うどんをいただきます。お嫁に来た頃は、何となく違和感を感じていたのですが、すっかり慣れました。亡き義父から聞かされた、「張替本家の風習」の一つです。

「泣く」に通じるから、松の内は、白菜やほうれん草などの「菜っ葉」を食べない。逆に「大根食う」は「大黒(様)」に通じ、縁起がいいので、たくさん食べる。元旦は、一家の主が作ったうどん。お雑煮は二日から。

続きを読む…
 昨日の午後,教育コーチングオフィス サイタ・コーディネーション代表,マザーカレッジ主宰の江藤真規先生をお招きして,第2回「女性キャリア」保護者対象講演会が開催されました。
 今年度,教育課程特例校の指定を受けスタートした「女性キャリア」。自らの可能性を広げ,美しくしなやかに生きる女性,社会に貢献する意欲と資質を備えた女性を育てていきたい。それは,私たち教職員と保護者の方々に共通する思いです。
 4月には『女性の品格』で知られる坂東眞理子先生,10月には衆議院議員・聖徳大学名誉学長の野田聖子先生。2回の「女性キャリア」特別授業にも,たくさんの保護者の方々が参加され,生徒たちと一緒に学び考 続きを読む…
 放課後のことです。明日の,[第2回 「女性キャリア」保護者対象講演会]の準備を終えて,ホッと一息ついていると,「ハ・リ・ガ・エ先生~!」とかわいらしい一団に呼ばれました。4Bの家庭科部の生徒たちです。
 古典を担当して9ヶ月。いつも前向きに,授業に取り組んでくれる生徒たちです。
 手にしていたのは,1piece のクリスマス・ケーキ!かわいらしい手作りの差し入れです。
 慌しい学期末の一日!大欅のイルミネーションを楽しみながら,いただきました。ごちそうさまでした!おひな祭りに向けて,「さくら餅」を作るときは,私も仲間に入れてくださいね!「雛あられ」も作ってみたいな!お米を加工すれば 続きを読む…
 「誰かのために夢見る人が,自分の夢を実現させる。」
 とってもよい言葉だと思いませんか?
 以前,ブログに書きましたが,我が家は毎週6冊の週刊誌を購入しています。月曜日には『週刊現代』『週刊ポスト』,そして火曜日に『週刊朝日』『サンデー毎日』,木曜日には『週刊文春』『週刊新潮』。
 冒頭の言葉は,その雑誌をパラパラとめくっていて見つけました。TBSで日曜日よる6時30分から放送されている,「夢の扉~ NEXT DOOR~」の宣伝コピーです。いつも何気なく見ている番組ですが,これから毎週ちゃんと見ようと思いました。
 「誰かのために夢見る人が,自分の夢を実現させる。」
 「社会を変えた 続きを読む…
 今日,6校時は,「女性キャリア」特別授業でした。今回のプログラムは,外務省「高校講座」。全校生徒が第一体育室でお話しを伺いました。
 外務省では,外交や国際問題に対する関心や理解を深め,意識の向上を図ることを目的として,「高校講座」を実施しています。一都道府県で1校,現役の外務省職員の方を派遣して,国際問題や国際貢献に関する講義をしてくださいます。今回は特別に,中学生も一緒にお話を伺いました。
 取手聖徳女子中高では,特別な教育課程「女性キャリア」のスタートに合わせて,昨年度から申し込み申請をし,今日,その講座が実現しました。
 今回の講師は,外務省国際協力局評価・広報室の松岡晶子さん。 続きを読む…
 国公立大学の推薦入学試験が近づいてきました。毎日,小論文の添削指導。そして,放課後には,受験予定の生徒たちと一緒に,面接練習に取り組んでいます。
 取手聖徳女子高校の生徒たちは,みな,真面目で誠実,とっても謙虚な人物です。これは,とっても大切なことです。しかし,面接官としては,少々物足りない!
 「どうしても,○○大学○○学部○○学科で学びたい!」そして,学んだことを活かして,「何が何でも,将来,○○になりたい!」という,熱い気持ちを伝えて欲しい!
 もちろん,clever な受け答えは必要です。しかし,言葉を発するのは「人」です。その人の心の熱さ,すなわち,学ぶ意欲や情熱が伝わらなけれ 続きを読む…
 明日,11月13日(土)は,「茨城県民の日」。取手聖徳女子中高も,休校日です。
 今日,5校時の4Bの授業で,「明日は,『茨城県民の日』です。『茨城県民の歌』が歌えて,『茨城県民体操』ができる人だけ休んでいいよ!」と話をしたら,生徒たちは,みな,キョトン?!
 千葉県民の生徒たちは,「『菜の花体操』だったら知ってるよ!」と言っていましたが,茨城県民の生徒たちは,「茨城県民の歌」も,それを編曲して作られた「茨城県民体操」も知らないとのこと。
 私は,生粋の茨城育ち!県内の公立中から,県内の公立高校に進み,県内にある国立大学に進学しましたので,「茨城県民の歌」も「茨城県民体操」も得意なのです 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138