先生のブログ

張替の『ほぼ日通信』

プロフィール

記事一覧

 今日,5月23日(日)は,後援会総会でした。朝から,授業参観・後援会総会・地区別保護者会・学級懇談会と続いています。
 明日は代休。そして,いよいよ明後日,5月25日(火),3年生と一緒に「関西修学旅行」に出発します。修学旅行の様子は,写真とともに随時ブログにアップしていきます。みなさんも3ABの生徒たちと一緒に,初夏の風薫る奈良・京都の旅を,楽しんでください。
 さて,その「関西修学旅行実況中継 その1」。
 今日,3ABの生徒たちは大きな荷物を持って登校してきました。修学旅行のメインバッグです。25日(火),私たちは東京駅に集合です。メインバッグだけは,明日,トラックで一足先に出発し 続きを読む…
 昨日の午前中で,中学3年生は一足先に「第1学期中間考査」を終了!午後は,来週,5月25日(火)から出かける,関西修学旅行の「事前学習」と「事前指導」を行いました。
 私の担当は,パワーポイントを使って,写真を見ながらの行程説明。6校時の50分間で,奈良・京都を一巡りしました。先輩たちのエピソードや失敗談を交えながら,行程表に沿って,奈良・京都を旅しました。最後に,楽しい修学旅行のコツを伝授!
 その1  身体の健康を損なうと,楽しい旅行はできません。睡眠と栄養を十分に取って,体調を整えておきましょう。自分自身の健康は,自分自身が管理し,コントロールできるようにしておきましょう。
 その2 続きを読む…
 第1学期中間考査が近づきました。4年生(高校1年生)にとっては,初めての「国語総合・古典分野」のテストもあります。
 今回の試験範囲は,ズバリ,「用言の活用」。生徒たちは,「く く し き けれ ○,から かり ○ かる ○かれ」とか,「なら なり に なり なる なれ なれ」などと唱えながら,練習問題に取り組んでいます。
 普段,私たちは「文法」を意識せずに,言葉を使っています。中学時代の国語の時間にも,深く取り組んだ人は少ないようです。「食べれる」「着れる」などという「ら抜きことば」など,ことばの乱れを指摘されることはあっても,「なぜ,いけないか?」に言及される機会は少ないでしょう。
 ち 続きを読む…
 唐招提寺の静謐なたたずまいの映像で始まる,JR東海のテレビCM。みなさんも一度は目にしたことがあると思います。
 中学3年生と一緒に行く,京都・奈良への修学旅行。5月25日(火)の出発まで,残すところあと5日間。中学3年生のみなさん,荷物の準備はもうできましたか?
 今年,奈良は,「平城京遷都1300年」を迎えました。それに合わせて,JR東海も「うまし,うるわし,奈良」と,盛んにキャンペーンをしています。
 「うまし」も「うるはし(うるわし)」も古語。どちらも形容詞です。余談ですが,中間考査に向けて,「用言の活用」を必死に暗記している4年生は,「うまし」も「うるはし」もシク活用だとすぐに分かる 続きを読む…
 愛らしい「キツツキ(啄木鳥)」の話題が,ブログをにぎわしていますが。「キツツキ」と言えば,私が連想するのは,「石川啄木」と「啐啄同時(そったくどうじ)」という言葉。
 「石川啄木」は,木々の枝から枝へと自由に飛び回るキツツキの姿と,コスモポリタン(国境や国籍にとらわれず,世界を股にかける人。国際人。)を自任する自らの姿を重ねて,「啄木」と号したと述べています。本名は「石川一」,現在は「石川啄木」として認知されていますが,その生涯においてペンネームは次々と変わっています。
 さて,もう一つ思い浮かぶのは,「啐啄同時」。教育を考える際,よく使われる言葉です。
 卵の中からヒナが殻を破って生まれ出よ 続きを読む…
 今日は、「学習塾対象入試結果報告会」があり、たくさんのお客様が、取手聖徳にいらしてくださいました。ありがとうございました。
 放課後は職員会議、その後も遅くまで、仕事が続きました。私も、「なるべく早く帰ろう!」とは思っているのですが、次から次へと仕事が湧いてきて、なかなか早く帰れません。でも、がんばろうと思えるのは、放課後の職員室で、たくさんの先生方の熱い思いに触れているからです。
 「よりよい授業を展開しよう」と工夫を重ねて、疲れた体に鞭打ちながら、授業準備をする先生。
 私の隣の席のI先生は、一生懸命PowerPointを作っています。来週、生徒たちに進路の説明をする準備だそうです。
  続きを読む…
 6A(高校3年普通科特別進学コース)の[古典]の授業。前漢の史官であった司馬遷の書いた『史記』を読んでいます。
 『史記』には古代中国の三千年間の歴史が綴られています。130巻,526,500字にも及ぶ超大作。400字詰め原稿用紙1,300枚余に,漢字がびっしり書かれているのです。漢字は表意文字,一文字一文字が意味を持っています。526,500字の持つ情報量は,想像を絶するものです。
 授業の素材は,『史記』の中の「項羽本紀」の一節です。司馬遼太郎さんの小説でも有名な「項羽と劉邦」の生涯を描いた部分です。
 「項羽」と「劉邦」は,大国 秦の滅亡後,天下を争った英雄です。結局は項羽が敗れ, 続きを読む…
 毎日の通勤、私は車で通っています。県道130号線を南下、つくばみらい市の成瀬というところで、つくばエクスプレス(略称TX)の高架をくぐります。
 最近、不思議なことに、この成瀬の高架で、毎朝・毎晩、TXに遭遇します。
 以前はこんなに頻繁に見かけることは、ありませんでした。
 4月になって本数が増えたのでしょうか?それとも、私の生活のリズムがTXとシンクロしているのでしょうか?
 ちなみに、今春、この成瀬の高架下から守谷駅に向けて、新しい道路が開通しました。TXと並んで走る、快適な道です。工事は続いていて、みらい平駅の方面に道路の基礎が伸びています。
 陸の孤島と呼ばれていた地域ですが、どんど 続きを読む…
 ゴールデン・ウィークの少し前の出来事です。
 長野校長先生とお話をしている中で,パール・バックの『大地』の話題になりました。校長先生は,私が当然読んでいるものと思っていらっしゃったのですが。私のキョトンとした表情をご覧になって,「読んでください。」と一言!
 その瞬間,パール・バックの小説『大地』が,私のGWの課題図書になりました。早速,Amazonに注文。新潮文庫で4冊の大作です。
 4月末から読み始めましたが,鬱屈とした物語は遅々として進みません。普段は,文庫本なら1冊2時間程度のスピードで読むのですが,1時間集中しても100ページが限界でした。パール・バックはこの小説を通して,何を訴えた 続きを読む…
 5月25日から中学3年生が、関西修学旅行に出かけます。私も引率の一人として参加します。
 9日(日)の体育祭終了後、保護者の方対象の修学旅行説明会が開催されます。写真を見ながら行程をたどり、生徒たちより一足先に古都の旅を感じていただく予定です。
 「平城遷都1300年」を迎えた奈良、日本文化が凝縮している京都。みずみずしい感性は、何を感じとってくれるのでしょう。今から、とても楽しみにしています。
 健康で楽しい旅行を、しっかりサポートします。どうぞよろしくお願いいたします。
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139