先生のブログ

張替の『ほぼ日通信』

プロフィール

記事一覧

新入生は,北蓼科・望月の「かすが荘」に,SFCで出かけています。
在校生は,今日は終日,新学年のオリエンテーションでした。
進路指導や生活指導のお話,クラスの組織作りなど,盛りだくさんの一日だったようです。
私は,少しお時間をいただいて,中学2年生・3年生のみなさんに,「女性キャリア」についてのお話をしました。
その中で,女性キャリア委員会から,「3つのお願い」をしました。
その3項目は,私自身も普段から心がけていることです。
1年間,しっかり守ってもらえるといいなと思っています。取手聖徳女子中学校のみなさん,期待していますよ。
プレゼンの最後に,「卒業生からのメッセージ」を見てもらいました。中 続きを読む…
 明日 1校時,中学2年生・3年生を対象に,「女性キャリア」のプレゼンをします。
 「女性キャリア」は新入生対象の時間ですが,プログラムによってはLHRなどの時間に一緒に取り組みます。
 生徒たち一人ひとりが,よりよい将来に向かって歩み始められるように,
 願いを込めて,一生懸命,パワーポイントを作りました。
 社会で活躍している卒業生たちからの,熱い思いのこもったメッセージも流します。
 たくさんの先生方が作成に協力してくださって,内容が整理され,分かりやすいものになりました。
 このプレゼンには,たくさんの人の思いが詰まっています。
 明日,心を込めてプレゼンします。どうぞ,お楽しみに!!
続きを読む…
 4月4日(日)の午後に「入学式」を行った関係で,今日,6日(火),全校生徒揃って「第1学期始業式」を実施することができました。
 朝から,「離任式」「着任式」「対面式」「始業式」と式が続きました。
 そして,松田和也先生から「学習について」のお話。秘密兵器のファイルが全校生徒に配付され,「家庭学習の習慣化の秘訣」について,詳しい説明がありました。きっと大きな成果に繋がってくれるでしょう。1年後が楽しみです。
 それから,新しいクラスでLHR。新入生は,明日からのSFC(SEITOKU Freshmen's Camp)の準備。そして,会食を食べ,生徒たちは放課になりました。
 午後は,兼任講師の 続きを読む…
 教員にとって,春休みは年度の総まとめをし,新しい年度の準備をする,大切な時間です。
 私は,取手聖徳の教務の仕事をしていますので,この期間,責任のある仕事が山積みで,大忙しの日々が続きました。
 時間割を組む仕事は,最大の業務です。「取手聖徳で学ぶ一人ひとりの生徒たちにとって,少しでもよい時間割にしたい。」「先生方が動きやすい時間割を作ろう!」「バランスの取れた時間割を目指そう。」欲張りなようですが,これからの一年間にかかわる大仕事ですから,慎重に確認を重ねながら作成をしました。
 現在,各教科主任・部長の先生方に最終確認をしていただいています。作成作業に当たった「時間割戦隊カエレンジャー」の 続きを読む…
 昨日は,6年生(高校3年生)の登校日。久々に全生徒が揃いました。朝のうち,まだ雪が降っていましたが,交通機関への影響は少なく,スクールバスもほぼ時間通りに学校に到着しました。
 6年生は,礼法の特別授業を受け,卒業記念の植樹式をし,卒業の準備を進めました。そんな中,3校時に,O先生がアサーティブ・コミュニケーションを題材としたLHRの研究授業を実施されました。対象は,卒業を間近に控えた6Cの生徒たちでした。
 A子さんは,久しぶりにレストランで高級ステーキを食べようと意気込んで出かけました。お店はお昼時で,大変混み合っていました。ミディアムレアで焼いてもらうよう注文し待っていたら,運ばれてきた 続きを読む…
 私大入試や専門学校入試・就職試験の合格の報せが,ぞくぞくと届いています。がんばってきた生徒たちの笑顔は本当に輝いていて,合格の報せが届く度に,職員室は春に一歩ずつ近づいているような感じさえします。
 AO・AC入試や推薦入試の合格者も含めて,高校卒業後の進路を決めたみなさん,改めて,合格おめでとうございます。あなたの日々の積み重ねが,この合格に繋がりました。これまでのがんばりを糧として,夢の実現に向けて大きな一歩を踏み出してください。
 私大や国公立大学の入試は,まだまだ続きます。張替の「小論文講座」と「私大国語演習」も続いています。毎日,自らの進路を見つめ,真剣に机に向かっている生徒たちの姿 続きを読む…
 平日忙しく過ごしている分,週末(土曜日の放課後と日曜日)はのんびり,ぬくぬくとしています。そんな私が,この週末に見つけた「小さなしあわせ」をご紹介します。
そのⅠ 潰れてしまったと思っていたパン屋さんの看板を,偶然発見!移転先を見つけました。
 テクノパーク桜の中にある「le pain Gris*Gris」です。以前はお弁当屋さんの並びの小さなテナントに入っていました。小さいけれど,愛情あふれるパンが並んでいて,大好きなパンやん(「パン屋さん」の誤表記です。すみません)でした。しばらく買いに行く機会がなかったら,いつの間にかシャッターが閉まっていて。潰れてしまったのだと,あきらめていました。
続きを読む…
 先日,国公立大学の個別学力試験の倍率が発表されました。長引く不況の影響からか,地方の国公立の志願者が増えているようです。茨城大学後期で,60倍を超える倍率の学部もありました。受験生は,今月下旬に実施される,前期の個別学力試験に向けて,ラスト・スパートをかけていることでしょう。
 私大入試の結果がそろそろ出ますので,その結果を受けて,悩んだり迷ったりしている人も多いことでしょう。
 20数年前,私も一人の受験生でした。(「共通一次試験」から国公立の出願までのエピソードは,1/23(土)付けの「悩む,迷う。出願はもうすぐ!!」を御覧ください。)結局私は,国公立大学一校しか受験しませんでした。1月中 続きを読む…
 昨日、私は、一ツ橋にある「学術情報センター」に出張でした。文部科学省主催の「研究開発学校フォーラム」に参加してきました。「研究開発学校」とは、教育課程の改善に資する実証的資料を得るため,昭和51年から設けられている制度です。
 社会は,急激な変化・発展を続けています。その変化に対応するため,学校教育も改善し続けなければなりません。「研究開発学校」は,現行の「学習指導要領」を超えて,新しい教育課程・指導方法を研究している学校です。
 この制度から,小学校の「生活科」,「総合的な学習の時間」,高校の「情報」などの教科や領域が作られました。また,小学校で導入されている「外国語活動」もここから生まれた 続きを読む…
「立春」を過ぎたのに、今朝も冷え込んでいました。通勤途中の車の温度計は「-4℃」でした。関東地方でさえこの寒さです。北海道・富良野でのインターハイに出かけているスキー部のみなさんと引率の先生は、もう凍りついているのではないかと心配しています。
天気予報によると、明日も好天に恵まれそうですが、まだしばらくは「寒波」は続きそうです。「立春」は二十四節気のひとつで、春の訪れる日です。「こんなに寒いのに春?」と感じることもしばしばですが。
しかし、この寒さの中(「立春」後の寒気を「余寒」といいます。)で、「春」を探してこそ、日本人!
紀貫之は、「袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ」と 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138