先生のブログ

張替の『ほぼ日通信』

プロフィール

記事一覧

 薬師寺から、今日の宿泊地、ホテル日航奈良に向かいました。
 入館後、班長会議。その後の夕食は中華でした。麻婆豆腐はちょっぴりピリ辛、大人味でした。大人気だったのは、デザートの杏仁豆腐。
 夕食後、修学旅行の結団式。松戸の附属女子中学校の萩原副校長先生からのお話をいただき、松戸校・取手校両校の引率者の紹介をし、4泊5日、楽しく実り多い旅行となるよう、決意を新たにしました。
 今日の中継は以上です。お休みなさい。明日も、お楽しみに!
続きを読む…
 興福寺からバスに乗って、西ノ京に移動。バスの中は快適ですが、気温は27。昨日、一昨日は土砂降りだったそうですが、今日は雨は大丈夫でしょう。今日最後の見学地、薬師寺に向かいました。
 奈良は今年、平城遷都1300年祭。復元された朱雀門を車窓にみて、唐招提寺を過ぎ、薬師寺の三重塔が二つ立っています。
 薬師寺では、恒例のお坊さんからお話をいただき、堂内を見学しました。
 天武天皇・持統天皇の愛の結晶。薬師如来の尊いお姿に感動しました。
 フェノロサが「凍れる音楽」と評した、東塔の水煙は、1300年の時を超えて、塔のてっぺんに静かにありました。
続きを読む…
 近鉄の特急に乗って、奈良に到着しました。うっ暑い!盆地特有の蒸し暑さに迎えられて、奈良の旅が始まりました。
 猿沢池から興福寺を巡ります。かわいい鹿と対面して、五重塔を見学しました。新しくなった国宝館では、阿修羅像にも会えました。
 生徒たちは、千手観音に感動し、異形の八部衆に興味津々でした。
続きを読む…
お昼ご飯は、少し早めに、新幹線の中でいただきます。
 
 今日のお昼は、幕ノ内弁当。東京駅集合のため、朝早く家を出た生徒たちも多かったようで、配られたとたんに、パクパクと食べ始めました。
 車窓に広がる風景よりも、お腹の虫が勝ったようです。
 だいぶ晴れてきたのですが、残念ながら富士山は雲の中でした。
続きを読む…
待ちに待った、修学旅行のスタートです。
全員、元気に、東京駅に集合しました。のぞみに乗って、京都へ。更に近鉄に乗り継いで、奈良へ向かいます。
天候に恵まれ、楽しい修学旅行になりそうです。それでは、行ってきます!

続きを読む…
 今日,5月23日(日)は,後援会総会でした。朝から,授業参観・後援会総会・地区別保護者会・学級懇談会と続いています。
 明日は代休。そして,いよいよ明後日,5月25日(火),3年生と一緒に「関西修学旅行」に出発します。修学旅行の様子は,写真とともに随時ブログにアップしていきます。みなさんも3ABの生徒たちと一緒に,初夏の風薫る奈良・京都の旅を,楽しんでください。
 さて,その「関西修学旅行実況中継 その1」。
 今日,3ABの生徒たちは大きな荷物を持って登校してきました。修学旅行のメインバッグです。25日(火),私たちは東京駅に集合です。メインバッグだけは,明日,トラックで一足先に出発し 続きを読む…
 昨日の午前中で,中学3年生は一足先に「第1学期中間考査」を終了!午後は,来週,5月25日(火)から出かける,関西修学旅行の「事前学習」と「事前指導」を行いました。
 私の担当は,パワーポイントを使って,写真を見ながらの行程説明。6校時の50分間で,奈良・京都を一巡りしました。先輩たちのエピソードや失敗談を交えながら,行程表に沿って,奈良・京都を旅しました。最後に,楽しい修学旅行のコツを伝授!
 その1  身体の健康を損なうと,楽しい旅行はできません。睡眠と栄養を十分に取って,体調を整えておきましょう。自分自身の健康は,自分自身が管理し,コントロールできるようにしておきましょう。
 その2 続きを読む…
 第1学期中間考査が近づきました。4年生(高校1年生)にとっては,初めての「国語総合・古典分野」のテストもあります。
 今回の試験範囲は,ズバリ,「用言の活用」。生徒たちは,「く く し き けれ ○,から かり ○ かる ○かれ」とか,「なら なり に なり なる なれ なれ」などと唱えながら,練習問題に取り組んでいます。
 普段,私たちは「文法」を意識せずに,言葉を使っています。中学時代の国語の時間にも,深く取り組んだ人は少ないようです。「食べれる」「着れる」などという「ら抜きことば」など,ことばの乱れを指摘されることはあっても,「なぜ,いけないか?」に言及される機会は少ないでしょう。
 ち 続きを読む…
 唐招提寺の静謐なたたずまいの映像で始まる,JR東海のテレビCM。みなさんも一度は目にしたことがあると思います。
 中学3年生と一緒に行く,京都・奈良への修学旅行。5月25日(火)の出発まで,残すところあと5日間。中学3年生のみなさん,荷物の準備はもうできましたか?
 今年,奈良は,「平城京遷都1300年」を迎えました。それに合わせて,JR東海も「うまし,うるわし,奈良」と,盛んにキャンペーンをしています。
 「うまし」も「うるはし(うるわし)」も古語。どちらも形容詞です。余談ですが,中間考査に向けて,「用言の活用」を必死に暗記している4年生は,「うまし」も「うるはし」もシク活用だとすぐに分かる 続きを読む…
 愛らしい「キツツキ(啄木鳥)」の話題が,ブログをにぎわしていますが。「キツツキ」と言えば,私が連想するのは,「石川啄木」と「啐啄同時(そったくどうじ)」という言葉。
 「石川啄木」は,木々の枝から枝へと自由に飛び回るキツツキの姿と,コスモポリタン(国境や国籍にとらわれず,世界を股にかける人。国際人。)を自任する自らの姿を重ねて,「啄木」と号したと述べています。本名は「石川一」,現在は「石川啄木」として認知されていますが,その生涯においてペンネームは次々と変わっています。
 さて,もう一つ思い浮かぶのは,「啐啄同時」。教育を考える際,よく使われる言葉です。
 卵の中からヒナが殻を破って生まれ出よ 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141