先生のブログ

張替の『ほぼ日通信』

プロフィール

記事一覧

まずは世界遺産のWestminster Abbey(ウエストミンスター寺院)とHouses of Parliament ・ Big Ben(国会議事堂 / ビッグ・ベン)を望める広場へ!

イギリス議会制民主主義のシンボル 国会議事堂は、11世紀の宮殿を再利用した建物だそうです。北側の時計塔にあるビッグ・ベンは毎正時に大鐘が、15分毎に小鐘が美しい音色を響かせていました。







続きを読む…
Oxford から London までは平日は1時間半程かかるそうですが、今日は日曜日のため渋滞もなく、1時間程で到着しました。

London は大都会ですが、ちょっと離れたところには、豊かな牧草地帯が広がっています。

今日の運転手さんはリチャードさん、ベテランガイドのみゆきさんが案内してくださいます。生徒たちが1番楽しみにしていた London 観光!安全に気をつけて、楽しみたいと思います。


続きを読む…
Good morning!It is cloudy morning.But we are happy!Because we are planing to inspect The changing of the guard in Buckingham Palace!

おはようございます。今日は、London への excursion です。

朝は薄曇りでしたが、だんだん晴れて来ました。安全に気をつけて、楽しんで来ます!


続きを読む…
明日の excursion(小旅行)は待ちに待った London!これまでののどかな田舎街と違って、大都会 London への excursion ですので、生徒たちも私たち引率者も緊張しています。フィル先生も同行しサポートしてくださいます。バスの運転手さんは、今日と同じ 安全運転で優しいリチャードさんですので、心強く感じています。

いつもより早く、21:45から終礼と明日の日程説明。注意事項を守って、楽しい London にしたいと思います。終礼終了後、生徒たちは早速、明日の自由散策の作戦を練っていました。

The British Museum(大英博物館)・Buckingham 続きを読む…
自由散策の時間、私は Fish Chips を!モルト・ビネガーをたっぷりかけていただきました。

ハーコートヒルに戻ってお夕食。デザートはドーナツでした。

ところで、オックスフォード周辺にある紫色の木の名前、判明しました。ガイドの宮川さんが調べてくださったのです。紫橅(むらさきぶな・英名 Copper beech)と呼ぶそうです。言われてみると、ぶなの木に似ているような気がします。Cooper は「銅」と言う意味です。わざわざ調べてくださった宮川さん、ありがとうございました。


続きを読む…
シェイクスピアが眠る Holly Trinity Church(ホーリー・トリニティ教会)は、結婚式直前でした。ここは、シェイクスピアが洗礼を受け、埋葬されている教会です。中央祭壇手間にお墓がありました。

その後、Bancroft Garden まで移動し、自由散策になりました。生徒たちは運河の景色を楽しみながら、サンドイッチをほおばっていました。街のあちらこちらで、シェイクスピアの劇が上演されています。


続きを読む…
Anne Hathaway's Cottage Gardens からバスに乗って、Stratford-upon-Avon の市街へ!

Shakespeare's Birthplace(シェイクスピアの生家)を訪ねました。「To be or not to be 」と言う『ハムレット』の名台詞。Shakespeare's Birthplace の中は、シェイクスピアの時代の様子が再現されていました。

New Place Nash's House(ナッシュの家とニュー・プレイス)と言う、シェイクスピアが晩年を過ごした家を見ながら、Holly Trinity Church(ホーリー・トリ 続きを読む…
宮川さんの説明を聞きながら、Anne Hathaway's Cottage Gardens をゆっくり見学しました。

お庭には、りんごや洋梨などの果樹もたくさん植えられていました。







続きを読む…
ウィリアム・シェイクスピアは1564年にStratford-upon-Avon の裕福な商人の家に生まれたそうです。街の学校で文法や修辞学・論理学を学び、18歳でアン・ハサウェイと結婚。1590年頃から劇作家としての名声を得たそうです。

Stratford-upon-Avon の町から離れた静かな場所にある、茅葺き屋根のコテージ Anne Hathaway's Cottage Gardens に!お庭では、リュート(ギターの原型)、ブロックフレーテ(リコーダー)などの演奏やマッペト・ショー(操り人形劇)が繰り広げられていました。

シェイクスピアの時代の扮装をした人たちが、お庭を散策 続きを読む…
今日のガイドさんは、オックスフォード・ウォーキング・ツアーに続き、宮川さんが務めてくださいます。運転手さんは、Blenheim Palace の時と一緒のリチャードさん。シャーロット先生が同行してくださいます。

サンドイッチとお水を持ってバスに乗り、Stratford-upon-Avon を目指します。バス内で宮川さんが、Stratford-upon-Avon の名前の由来をお話ししてくださいました。古代ローマ人が名付けた名前で、Avon は浅瀬、Stratford は通りと言う意味だそうです。Stratford-upon-Avon は「浅瀬を渡る通り」と言う意味です。

Stratf 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140