先生のブログ

張替の『ほぼ日通信』

プロフィール

記事一覧

おはようございます!スコットランド小旅行、最終日の朝を迎えました。今日は、故郷の街(スコットランドとイングランドのですが。)Gretona Green や The Lake District(イングランドの湖水地方)を巡りながら、オックスフォードに戻ります。

昨日は、エジンバラ市内観光・自由散策に加え、スコティッシュ・イブニングに出かけたため、盛りだくさんの1日になりました。疲れも残っているかもしれません。長距離のバス移動に備えて朝食をしっかりいただき、今日の旅が始まります。

さて「旅」という意味の英単語はたくさんあります。「trip」「journey」「tour」「travel」「 続きを読む…
今日のお夕食はシスルホテルに出かけて、スコティッシュ・イブニング。スコットランドの伝統的な音楽を楽しみながらの食事でした。メインをビーフ・チキン・サーモンから選ぶ時など、生徒たちにとっては、すべてが経験です。

「ハギス」というスコットランドの伝統料理にもチャレンジしました。ハギスは、羊の胃袋に羊の内臓のミンチや大麦・玉ねぎ・ハーブなどを入れて茹でたものです。本来は、スコッチウイスキーと一緒にいただくそうです。美味しそうに食べる生徒、正体不明の物体をフォークで突ついている生徒、初めから断わってしまう生徒。

ショーが終わって帰路についたのが22時過ぎ、外はまだ明るかったです。緯度の高さを 続きを読む…
4時間半の自由散策、生徒たちは思い思いの時を過ごしたようです。

エジンバラをひたすら歩いたり、ロイヤル・マイルを行ったり来たりしたり、大道芸を見たり。ガイドの宇土さんに教えていただいた、「フィッシュチップス」の美味しいお店に行って、実際に食べてみた生徒たちもいました。

セント・ジャイルズ大聖堂の広場に集まって来た時の笑顔で、「安全に、楽しく過ごしたのだなぁ〜。」とホッとします。早めに全員そろったので、松戸校の幸重先生とツアープランナーオブジャパンの津島さんと一緒に記念撮影!



続きを読む…
旧市街の目抜き通り ロイヤル・マイルにある、セント・ジャイルズ大聖堂からエジンバラ城へ。断崖の岩山にそびえる城塞です。

眺望を楽しみながら、観光客で溢れる石畳みの道を上へ上へとのぼります。

エジンバラの建物は、硬砂岩(こうさがん)と呼ばれる石でできているものが多く、古いものは黒く煤けています。エジンバラの旧市街と新市街は、世界遺産にも登録されています。「新市街」といっても、完成したのは18世紀。歴史に溢れた街です。

エジンバラ城の頂上付近で一旦解散、午後はロイヤル・マイルを中心に自由散策です。生徒たちの冒険譚が楽しみです。安全に気をつけて、いってらっしゃい!



続きを読む…
今日は、エジンバラ市内の観光と自由散策。宿泊先のエジンバラ大学ポロックホールを9:00に出発し、先ずは「新市街」を車窓から見学しました。今日のガイドさんは宇土さん。先日、『世界ふしぎ発見!』にも出演されていた、大ベテランさんです。

生徒たちをうまくひきつけ、スコットランドの歴史や文化、そして、たくさんの建物や街のあちらこちらにある銅像について、説明してくださいました。

エリザベス女王のスコットランドにおける公邸である、ホリールード宮殿の見学。美しい中庭とメアリー女王の部屋が印象的でした。


続きを読む…
Good morning!イギリス語学研修5日目の朝を、スコットランド エジンバラで迎えました。今日はエジンバラの市内観光に出かけます。車窓見学の後、The Palace of Holyroodhouse から旧市街の目抜き通り Royal Mile を通って Edinburgh Castle まで、日本人の現地ガイドさんが説明しながら案内してくださいます。

生徒たちは各自、「耳太郎」というイヤホンを持っています。このイヤホンを通し、ガイドさんの声を聞くことができます。便利な世の中です。Edinburgh Castle の見学後、夕刻まで自由散策。歴史の街 エジンバラを楽しみます。

続きを読む…
今日のおまけ!

オックスフォードでも気になっていたのですが、煉瓦や石造りの建物の煙突に素焼きの花瓶のようなものがのっています。よく見ると、金属製のものもあります。

添乗の津島さんに「あれ何でしょうねぇ〜?本数もまちまちですよね⁈」と伺ってみると、即答してくださいました。頼りになる添乗員さんです。

「あれは、各部屋から繋がる煙突です。あれを見ると部屋の数が分かります。昔は各部屋で薪を燃やしていたそうですが、大気汚染が問題になり、現在は条例で禁止されているようですよ。」

確かに、新しい家には煙突がありません。疑問が解けて、すっきりしました。

明日は1 続きを読む…
今日の点呼は20:30、その時点でまだ夕刻のような明るさです。生徒たちは皆元気です。エジンバラの記念に集合写真を撮りました。







続きを読む…
17:30 エジンバラ到着!休憩も含めて、9時間の旅でした。

かの秋篠宮眞子内親王もかつて留学されていたエジンバラ大学に宿泊します。お夕食はカフェテリアでビュッフェ!生徒たちは長旅の疲れも見せず、もりもり食べていました。女子高生の食欲はすごい!今日はゆっくり休んで、明日のエジンバラ観光に備えます。

この研修中、生徒たちが毎日の出来事や感じたことを、日記にまとめてくれています。毎日の担当者が夜の内に記入し、朝礼で提出してくれています。「せっかくだから、1行は英文で書くこと」というmission も課されています。

その英文が日を追って長くなっています。嬉しいです。私も(英語は苦手 続きを読む…
昼食後、更に北上!イングランドとスコットランドの国境の街(パスポートは要りません。)カーライルへ。首都London を中心とするイングランド・エジンバラやグラスゴーを擁する北部のスコットランド・カーディフやカナーヴォンを含む西部のウェールズ、そして、これらを含むグレート・ブリテンと北アイルランドからなる連合王国がイギリスです。

休憩をとったモファットは、ウールやカシミアで有名な街。生徒たちは、お土産にマフラーを選んでいました。

スコットランドの首都 エジンバラまでは、山岳地帯を抜ける道。津島さんが用意してくださったバグパイプのCDを楽しみながら、バスの旅は続きました。車窓の風景は、「 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142