先生のブログ

張替の『ほぼ日通信』

プロフィール

記事一覧

 来る7月27日(日)から31日(木)の5日間,茨城県内の各市町村を会場として,[第38回 全国高等学校総合文化祭]が開催されます。「総合文化祭」,略して「総文祭」は,全国の高校生の集う文化の祭典!スポーツでいう「インターハイ」にあたる大会です。
 そのシンボルが「ふれあちゃん」!
 髪型が,茨城県の県の花「バラ」でデザインされています。名前の由来を推測すると,人と人との絆の大切さを訴える,「ふれあい」の「ふれあちゃん」なのだろうと思います。
 クリアファイルには,いろんなふれあちゃんが描かれています。書道をしたり,琴を奏でたり,かるたをしたり。白衣を着て実験をしているようなふれあ 続きを読む…
 木曜日,「女性キャリア」の一日です。
 3校時,新入生たちは「創立者の思い」を受け止める時間。4月27日(日),聖徳学園は81回目のお誕生日を迎えます。創立記念日を前に,学園の創立者 川並香順先生の思いに触れ,聖徳学園に学ぶ一人の生徒としての思いを新たにする時間です。
 このプログラム,女性キャリア委員会の先生方の間で,いつの間にか『川並香順物語』と呼ばれるようになりました。なぜなら,香順先生を支えた孝子先生にスポットを当てた,『孝子物語』を取手聖徳女子中高が作ってしまったから。聖徳大学川並記念図書館の先生方にご協力いただき作成した大作のプレゼンです。こちらは,2学期「女性と仕事」 続きを読む…
 天気予報では,午後から関東各地で「にわか雨」が降るかもしれません。と告げていましたが。新緑の映える気持ちのよい一日でした。
 田植えと鯉のぼりが似合いそうな青空でした。今日は,この新緑の中,守谷とつくばみらいへ。各地で刺激をいただき,とても勉強になる時間でした。
 取手聖徳女子中高では,平常授業の合間を縫って,今日から各科検診が行われています。放課後は5月3日(土)に迫った体育祭に向けて準備が進められています。私のもっかの役目は,「晴れ」の空を願うこと!毎日,天気予報とにらめっこしています。
 テニスコート横の八重桜(ボタン桜)と前庭の石楠花(しゃくなげ)は満開を迎えました。
続きを読む…
 毎週火曜日、朝、6年生(高校3年生)の生徒たちは第二体育室に集合します。学年集会が行われるためです。

 第三回目の今朝、体育祭に向けて。体育祭の運営の中心となる体育委員会の委員長、そして、赤組・青組の2チームを率いる両応援団長から一言。
 高校生活最後の体育祭!学年の生徒たち一丸となって燃えています。

 その後、私がお話をしました。

 私からは二つのことを。一つ目は「大切な一年を乗り切るため、心身の健康に注意をしましょう!」と。心身ともに大人への階段を昇り始めた生徒たち。女性として、自分の身体とこころと向き合うことは、とても大切なことです。月経前等にいつも辛い思いを 続きを読む…
 3時間目のことです。お客様(男性3名)をご案内して,5年生(高校2年生)の授業の様子を。「開かれた学校」を自認する取手聖徳女子中高,予告なしで突然授業を見に教室に入りました。
 突然の来訪者に驚きながらも,どのクラスも集中して授業に臨んでいました。ご案内していた私自身,生徒たちの授業態度を誇らしく,嬉しく感じました。
  ハプニングは1件!「保健」の授業,ちょうど男性がいると話しづらい内容で。早々に退散しました。授業自体は活気があって,良い雰囲気だったのですが。「予告なし」だとこんなこともあります。
 「あまり時間がとれない」とのことで,各教室の滞在時間は短かったのですが。終了 続きを読む…
 小学生の頃,私は,外遊びが大好きな子どもでした。そして,外遊びと同じくらい,読書好きの少女でした。
 父母が買い与えてくれた「世界子ども文学全集」やたくさんの児童書を,毎日毎日飽きもせずに,何度も繰り返して読んでいました。
 当時,私がはまっていたのが,ローラ・インガルス・ワイルダーさんの「大草原の小さな家」の連作,眉村卓さんの学園もの,星新一さんの短篇SF,そして,佐藤さとるさんの「コロボックル・シリーズ」でした。
 1959年に刊行された第1作目の『だれも知らない小さな国』から,第4作目の『ふしぎな目をした男の子』 (1971年)まで,まとめて買ってもらって,何度も何度も読みました。 続きを読む…
 各部の新入生歓迎のパフォーマンス。生徒玄関か各部の活動場所でと限定されているので。
 放課後,生徒玄関周辺がにぎやかなことにぎやかなこと。
 吹奏楽部の演奏する「あまちゃん」のテーマ曲が職員室まで聞こえてきました。BGMの効果か,先生方のデスクワークもハイテンポになっていました。
 この時期,新入生たちを温かく迎えようとする在校生たちの心遣いが,校内に満ちています。華やいだ雰囲気,「春だなぁ~~!」としみじみ感じます。どの部も,新入部員が増えるといいですネ!
 夕方,和弘寮(生徒寮)で,[新入寮生歓迎会]が開かれました。寮生の保護者の皆さんも遠方から参加してくださいました。教職 続きを読む…
 取手聖徳女子中高では文部科学大臣より教育課程特例校の指定を受け,独自の女子教育プログラム「女性キャリア」に取り組んでいます。「女性キャリア」は多様化・複雑化した社会を女性としていかに生きるか?を考え,さまざまなスキルを学ぶ時間です。毎週木曜日,学年別に2時間連続で設定されています。
 先週の木曜日 4月10日は,新入生はSFC出発,在校生は実力テスト実施のため,「女性キャリア」はありませんでした。新学期オリエンテーション中に,学級開きの「ビーイング(being)」に取り組んだクラスはありましたが。本格的なプログラムに取り組むのは,今日が初日!
 「変化」しないプログラムは,「停滞」し「退化 続きを読む…
2014/04/16

伸び盛り!

 第4学年(高校第1学年)主任の松田先生の机上のアマリリス。卒業した第29期生のとある保護者の方がくださったものです。
 つい3週間前に芽がでたはずなのですが,みるみるうちに成長して。今日,立派な花が開きました!
 成長のあまりの早さにびっくり!!まさに「伸び盛り」!
 午前中は平常授業,午後は全校生徒が第一体育室に集まって,[明和会オリエンテーション]が開催されました。明和会(生徒会)主体の運営,6年生(高校3年生)の生徒たちはあらゆる場面で大活躍!ほんとうに頼もしい最上級生になりつつあります。こちらも「伸び盛り」!
 生徒会活動や委員会についての説明の後,各部・同好会の新 続きを読む…
 取手聖徳女子中高の桜にはある秘密があります。
 上の写真をよく見てください。手前の桜の木,枯れているように見えませんか?
 でも,よく見ると。枝先が膨らんで来ています。そして,今朝,枯れているように見えた木に,ピンクのボタン桜が咲き始めました!
 取手聖徳女子中高の庭には,3月に咲く「河津桜」,4月初旬の「ソメイヨシノ」,そして,4月中旬になってやっとほころび始める「ボタン桜」と,さまざまな桜の木が植えられています。約2か月に渡って,生徒たちは桜を楽しむことができるのです。
 これは,2011年5月にお亡くなりになった前理事長先生,川並弘昭先生からのプレゼントです。私は, 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139