先生のブログ

張替の『ほぼ日通信』

プロフィール

記事一覧

 冬晴れの空,北風が強い一日。取手聖徳女子中高では,普通科児童保育進学コースの生徒による[児童保育学習発表会]が行われました。
 児童保育進学コースは,聖徳大学で学び,将来,保育士・幼稚園教諭・小学校教諭等になることを目指す生徒たちが学ぶコースです。
 今日の発表会では,手遊び・体操遊び・人形劇・エプロンシアター・ペープサート等,日頃学んでいることの一部が披露されました。
 「保育の聖徳」として有名な聖徳大学の先生方にご指導いただいたことを活かし,担当の先生方と心を合わせて作り上げた発表会。乳児や幼児の心理等について学んでいることも,各所に活かされた発表会でした。
 生徒たち一 続きを読む…
 『ようこそ,ちきゅう食堂へ』は,ベストセラーになった『食堂かたつむり』の作者 小川糸さんのエッセイ集です。(余談ですが,私は『食堂かたつむり』をついつい『じきどう・かたつむり』と呼んでしまいます。取手聖徳では皆で昼食をいただく場のことを「じきどう(食堂)」と呼んでいます。「食堂」と見ると「じきどう」に見えてしまうのです。)
 小川さんが「料理の神様」を探し,日本各地・モンゴルを旅しています。そこで出会った「食」と「人」「自然」,ゆったりと綴られています。
 石垣島の「ペンギン食堂(辺銀食堂)」,足利の「ココ・ファーム・ワイナリー」, モンゴルの遊牧民の家族。「食」に真剣に向き合う人々の 続きを読む…
 年度末も近くなり,「女性キャリア」は一年間のまとめの時期に入ります。学年毎,さまざまな発表会が予定されています。
 今日は,2年生の[まとめ学習発表会]を実施しました。先週のグループ発表会で選出された8名の発表者たち。1年生も参加し,先輩たちの発表を聞きました。
 1年生たちもメモを取りながら,熱心に聞いていました。(いつもならば発表中は集中して聞き,一人終了する毎に時間を取ってメモを取るよう指導していますが,今回は時間化の関係でやむを得ず「聞きながらメモを取る」ようにしたそうです。)
 聞いている生徒たち,ずっと下を向いたままメモを取り続けていました。2年生になると,時々,視線が発 続きを読む…
 連休,ひさびさの旅!雪深い場所へ出かけました。
 見渡す限り,雪,雪,雪。
 何もかも覆い尽くすような雪!!し~~んと静かな雰囲気の中,読書三昧の時間を過ごしました。温泉に浸かってのんびりとして,美味しいご飯をいただいて。ゆったりとした時間を過ごし,リフレッシュして山を下りてきました。
 和弘寮の寮生のお家の近くまで行ったので,「もし寄れたら,寄ってみるねぇ~~。」と声をかけてもいたのですが,あまりの雪にひるんでしまって,家庭訪問はかないませんでした。次の機会には,ぜひ,伺いたいと思っています。
 今日から,学年末に向けて再スタート。気合を入れてがんばります。
続きを読む…
 取手聖徳女子中高では,全校生徒が「食堂(じきどう)」に会して,一緒に昼食をとります。「しょくどう」と呼ばす,敢えて「じきどう」と呼ぶのは,この場所がただお昼ご飯を食べる場所ではなく,「食」について様々なことを学ぶ場でもあるからです。
 生徒たちは4校時の授業終了後,整然と「食堂」に向かいます。「いただきます」までは静かですが,その後は,楽しくにぎやかな食事の時間が,毎日展開されています。
 今日のメニューは,「子ぎつねご飯」と「磯辺揚げ」。
 油揚げを使った「子ぎつねご飯」は,生徒たちにも大好評です。お浸しと菜っ葉がたくさん入ったお味噌汁もついて,栄養バランスも「◎」。
 ご 続きを読む…
 今日,3校時は,中学2年生のかわいらしい7人の生徒たちと。
 「女性キャリア発表会」に向けての準備と最終リハーサルをしました。この後,佐藤先生にバトンタッチして,グループ発表会を実施しました。
 この1年間,「女性キャリア」のプログラムで学んだこと。危機管理の問題や職場体験,「起業」体験,「食」についての発表会。それぞれのプログラムを通して,学んだこと・体験したこと・考えたこと。そして,発表するにあたり,新たに調べたこと。2年生たちは,きちんとまとめ,発信していました。
 私は,最終リハーサルのタイムキーパー。一人ひとり廊下に出て最終リハーサル。ストップ・ウォッチで時間を計りながら, 続きを読む…
 明日,未明から「雪」の予報。あの1月14日(月)の「成人の日」と同じ位の積雪も予想されるとか。
 取手聖徳女子中高の辺りでは,まだ青空が広がっていますが,これからどう変化していくのでしょうか?
 明日の朝,登校時の生徒たちへの影響が心配です。生徒たちの通学区全般の天気予報を,こまめにチェックしていますが。JRやスクールバスが順調に動き,周辺の道路でひどい渋滞がないようにと祈るばかりです。明日はいつもより早起きして出勤します。生徒の皆さんも,足元に十分注意して登校してくださいね。
 さて,本日の「お薦めの一冊」は,石田衣良さん作『シューカツ!』をご紹介します。
 先日ご紹介した, 続きを読む…
 週末,久々にのんびり!昨日は,読書三昧で過ごしました。先週から読み始めた,浅井リョウさん作『何者』と江國香織さん作『ちょうちんそで』を読了。石田衣良さん作『シューカツ!』を読み始めました。
 『何者』は,第148回直木賞受賞作!
 浅井さんは,2009年,『桐島,部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞した,注目の作家さんです。男子チアリーディングチームを描いた『チア男子』の映像化も決定しています。
 この『何者』は,就職活動に取り組む大学生を描いた作品です。登場人物たちのTwitter上でのつぶやきを織り込みながら,若者が社会と自分自身と向き合う様子を描いています。私は, 続きを読む…
 早いもので,平成25年最初の1ヶ月が終了し,今日から「如月(きさらぎ)」に入りました。
 皆さんご存知のことと思いますが,2月の異名が「如月」。
 旧暦では「2月」は「春」ですが,春の着物ではまだまだ肌寒い日が続く。そこで,重ね着をする日が続きます。2月は「衣に更に衣を重ねる月」,「衣更衣(きぬさらぎ)」がつづまって「きさらぎ」となり,「如月」という漢字は後からあてられたようです。
 現在用いている新暦では,「立春」は2月4日で,まだ「冬」のはずです。2月スタートの今朝,天気予報は「気温が上がって,4月並みの暖かさになるでしょう。」と告げていました。
 春遠からじ。昨日,『朝日新聞』茨 続きを読む…
 3月の卒業式より一足先に,「和弘寮(生徒寮)」で,卒業していく6年生(高校3年生)を送る会が開かれました。
 巣立つのは6人の生徒たち。中でも,Sさんは中学1年生の時から6年間,この「和弘寮」で過ごしました。

 5年生(高校2年生)の寮の執行部の生徒たちを中心に,在校生たちが心温まる会を作り上げてくれました。3年間の思い出いっぱいの歌に合わせ,スライド上映も。温かい思いと涙で溢れた,素敵な時間でした。
 6年生からは,それぞれの思いを。一人ひとりが,入寮したての頃のことを思い出しながら,聞いていました。飾らない素直な言葉に,心打たれ。時々,一同で大爆笑!!
 最後は 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142