先生のブログ

生村 伸子

プロフィール
2011/03/20

寮生の心遣い

大地震から一週間が過ぎ、日ごとに明らかになってくる被害の状況を目にするたび、胸が痛みます。

このたびの大震災で被害にあわれたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。

 

大地震が発生した11日。JRの運行見合わせや道路事情(大渋滞になりました)で

帰宅できない生徒12名と和弘寮に泊まりました。

 

寮の玄関では、寒い中、寮生が出迎えてくれ、

「大丈夫?」「寒くない?」「疲れたでしょ」「早く中に入って!」

と優しく声かけをしてくれました。

ほっとして、思わず涙ぐむ生徒も・・・

 

部屋割りが決まると、次々に布団や毛布を運び入れ、

「この部屋、何人ですか?」「足りないもの無いですか?」

と素晴らしい連携プレーで、あっという間にベットメイキングの準備。

さらに、館内放送で、

「今日、寮に泊まるみなさん。何か困っていることはありませんか?

部屋着や靴下など、借りに来てください。

私たちにできることは何でもやるので、遠慮なく言ってください」

 

素晴らしいと思いました。

寮生たちだって、離れている家族や家の心配、余震の不安を抱えているのに・・・

 

こんな非常時だからこそ発揮できる「真の思いやり」「真の和の心」

この「心」に触れた人から、また次の人へと広がる美しい連鎖。

これが、取手聖徳生の強さだと思います。

 

寮生の皆さん、お世話になりました。 ありがとう。

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: