先生のブログ

生村 伸子

プロフィール

記事一覧

今日は、KOTOコンサートのリハーサルを行いました。
年度当初の予定では、今日がコンサート日でしたが、
1月のコンクール出場や会場変更の関係で、
3月6日開催となりました。
本格的に練習が始まったのはコンクール後のため
まだ弾き切れていない部分も多かったですが、
尺八演奏家の坂田梁山先生に来校していただき
間合いや 全体の作りを整えていただきました。
今年の箏曲部は新入生中心の集団なので、
尺八を合わせるのも
坂田先生とお会いするのも
そして、彩音の先輩たちと顔合わせするのも初めて。
でも、あっという間に和やかな雰囲気!
学年末考査があるため、残された練習時間は今週一週間のみ。
集中して、よ 続きを読む…
利根英法記念邦楽コンクールが、無事終了しました。中学生以下の部で、奨励賞(第三位)を受賞することができました。昨日のリハーサルと違って、中学生も高校生もだいぶ緊張した様子でした。本番では、予想外のハプニングもあり、自分たちの納得のいく演奏ができず演奏後は涙ぐむ一幕も・・・冬休みの強化練習でだいぶ良い状態にはなっていましたが、やはり、部活動の域を超えることはできませんでした。出場者の演奏を聞き、自分たちとの差、課題を実感できたのが今回の一番の収穫だったと思います。この経験をいかして、同じ土壌で戦える総文祭を次の目標に頑張っていきたいと思います。その前にKOTOコンサート(3月6日)があります。今日 続きを読む…
今日は、コンクールの会場浜離宮朝日ホールでのリハーサル。入試を終えて駆けつけた三年生と無事合流して中学生のリハーサルが始まりました。ちゃんとしたコンサートホールで演奏するのが初めての中学生達。ホールの響きに大感激!演奏も今までの心配や不安を吹き飛ばすような出来で、本人たちも大満足。楽しい!楽しい! と四回も通し演奏をしていました。駆けつけた三味線演奏家上原潤之助先生にも「すごく上手になったね」と言われ、大喜び。なんだか、もう本番が終わったようなムードに・・・明日もしっかりお願いしますね。会場には、顔なじみの楽器屋さん。客席には、夏の雅びの会演奏会でお世話になった尺八演奏家の田辺先生、箏演奏会の木 続きを読む…
今日は、第三学期始業式。HRで明るく元気な姿と再会し、これから始まる充実した新しい日々への期待でいっぱいになりました。始業式終了後、箏曲部は取手市賀詞交歓会が行われる取手ウエルネスプラザへ。今年も記念演奏によんでいただき、明後日のコンクール出場曲2曲とウエルカム演奏をさせていただきました。取手ウエルネスプラザは、3月6日の開催する箏曲部の定期演奏会の会場でもあります。初めて足を踏み入れた部員たちは、「え~っ、ここでやるの?」とびっくりした様子。リハーサルの合間に控室や舞台裏など定期演奏会の導線の確認もすることができました。昼食をいただき、 舞台袖で校長先生の激励を受けて、ウエルカム演奏がスタート 続きを読む…
コンクール強化練習7日目の昨日は、最後の一日練習だったので中学生高校生ともに初心に戻って音色や曲想の確認や細部の表現の修正を行いました。頭でわかっていても思うように手が動かず、「できない~~!!」と絶叫したり、涙ぐんだり・・・この辛さを乗り越えたところの自分たちの美しい音があることを信じて最後の山を無事越えて行ってもらいたいです。さて、今日は、コンクールメンバー以外も合流して明日行われる取手市賀詞交歓会のリハーサルを行いました。見違えるように上手になった中学生の演奏を聴いて「私達も頑張らなくては・・・」と士気を高めていました。リハーサル後、コンクールメンバーは居残り練習。明日は始業式・・・という 続きを読む…
今日は、午前中に通し練習を行い、午後から、彩音の先輩方の本番に便乗し本番を想定したステージでの演奏をさせていただきました。新年のお弾き初めということで、中学生は、訪問着で華やかに。高校生は、先日先輩に作ってもらった社中着のデビュー。練習したはずなのに、着付けに手間取ってしまいましたが、和装だと気持ちも姿勢もビシッと引き締まっていい感じです。社中着の着付時間の目標は5分!定演までに素早く着られるようにしてくださいね。コンクールが終わったら、特訓します!! 続きを読む…
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申しあげます。1月10日のコンクールに向けて、今日から箏曲部の強化練習の後半戦が始まりました。一週間の休みを感じさせない演奏に一安心。中学生は、休み中も家でかなり練習したことが、しっかり伝わってきました。明日の試演に向けての確認をして解散。明日の出来次第で、明後日以降の練習メニューが決まります。良い演奏ができることを祈っています。 続きを読む…
12月の強化練習は、本当は昨日までの予定でしたが、中学生の仕上がりが良くないので中学生だけ、本日も練習となりました。箏を始めて7カ月の一年生の演奏と思えば、音量も音圧もしっかりしていて非常に良く弾いています。今後が期待でき、 頼もしいかぎりです。しかし、コンクールでは小学生でもキャリア6、7年なんて普通の世界初心者ですからなんて言い訳も通用しません。技術はもちろんですが、精神力も他の出場者達にできる限り近づきたいそんな思いで練習に励んでいます。さすがに4日目。指の皮はむけ、腕に痛みがでできた様子なので練習は早めに切り上げ、お正月の間自宅で練習するために楽器を抱えて電車に乗り込みました。1月は、4 続きを読む…
3日目の28日は、忙しいバイトの合間を縫って卒業生が来てくれました。実は、演奏会の社中着として短時間で自分達で簡単に着れる着物が欲しいと言う部員たちのリクエストに応えて和裁と着付けの勉強をしている卒業生がオーダーメードで作ってくれることになったのです。今日はお正月に演奏を行う4人分を縫い上げて持参し、着付け講習会をしてくれました。数回練習して、バッチリ着れるようになりました。作り帯にするかどうか検討中だったので今日は帯無しでしたが、散々話し合いをして、礼法で習うから大丈夫と自分達で用意して結ぶことになりました。後輩に自分がしてあげられるのはこんなことだし、自分の練習にもなるからと、なんと実費のみ 続きを読む…
2日目の27日は、福永千恵子先生のレッスン。
中学生、高校生、彩音の順にみていただきました。
ホールの大きさを考えての強弱の付け方や
姿勢、楽器の角度などの見せ方等々
とても参考になりました。
ライバル達は、お正月返上ですごい勢いで
練習しているわよ
と言われ、青ざめる部員たち。
お正月休みに楽器を持ち帰る相談をしていました。
続きを読む…
ページ一覧: 12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849505152535455565758