先生のブログ

生村 伸子

プロフィール

記事一覧

今年度の全国高等学校総合文化祭の開催県は、福島県でした。
東日本大震災の影響で、ギリギリまで開催が危ぶまれましたが、
福島の高校生・関係者のみなさまのご尽力で、規模の縮小、
開催日程・会場を変更しての開催となりました。
数年前からの計画が白紙になって、0からのスタート。
本当に大変だったと思います。
日本音楽部門の開催地は、棚倉でした。
プログラムやメッセージも福島や東北の支援を意識したものが多かったですが、
現地でのスタッフ生徒は、みんなとても明るく、逆に私たちが元気をもらったような気がします。
本校箏曲部は、三年ぶりの全国大会。
代替わりして、全国の雰囲気を知らない部員が多かったので、
続きを読む…
2011/07/18

300 人の熱戦!

かるた部の中学三年生3名が、多摩小倉百人一首かるた大会に出場しました。
昨日は、D級・E級(今日は、A~C級をやっています)。
近年のかるたブームのせいか、出場者は、D級135名、E級162名。
勝ち抜き戦で、3位入賞を果たさないと昇級できないという、かなり厳しい現実。
一回戦敗退の予定で臨んだのですが、なんと、四回戦まで勝ち残ることができました。
あと1勝で昇級!で、惜しくも敗退。
ここまで頑張れた驚きと自信が今回の一番の収穫です。
そして、悔しさは、8月末の大会出場という次のステップにつながりました。
部員も顧問も初めての公式戦。
全国各地からのエントリーの多さにまずビックリ。
そして、今 続きを読む…
一昨日は、筑波大歌留多部の指導の初日でした。
この一ヶ月間、予想以上にたくさん入ってくれた新入部員に、
今日までにルールを覚えてもらうことを目標に
上級生たちが、頑張って指導してきました。
一年生たちもとても熱心で、一生懸命取り組んでくれました。
その甲斐あって、下級生も試合形式で、より細かいルールやマナーについて
教えていただくことができました。
次の目標は、百首覚えきることです!
上級生は、7月の個人戦、8月の全国大会(団体戦)に向けての
より実践的な練習。
一日に最低三回戦、戦えるだけの体力、集中力の持続が目標です。
三時間で二試合。
普段は、緊張感を持続した練習をするのが難しいので 続きを読む…
昨年度、6名でスタートした「かるた同好会」が、今年度、晴れて部活動に昇格しました。
そんなかるた部の嬉しい出来事を紹介します。
部員数は、24名と4倍になりました。
上級生たちが、試行錯誤しながら新人の指導をしています。
「教えるのって大変だね~」と、言いながらも、とても嬉しそう。
今年は、部費や部室もいただけるので、念願の「畳」も購入できます!
そして、お世話になっている千葉のかるた協会の先生方の呼びかけで、
筑波大歌留多部の方々が、月1~2回のペースでご指導に来てくださることになりました。
さらに、これも千葉の先生方のご尽力で、
8月に行われる中学生かるた選手権(団体戦)に茨城チームと 続きを読む…
2011/06/17

県南音楽会

今日は、県南音楽会。
楽器を積み込んだバスで、龍ヶ崎市民会館へ。
箏曲部の今年度、初演奏会でした。
毎年繰り返されることですが、部員たちは、
この演奏会で卒業した最上級生の大きさを改めて思い知り、
自分たちがしっかりしなければ、という思いを新たにします。
一人ひとりが、それぞれの階段を一段上がって、
いろんな新しい顔を見せてくれました。
今までの集団に負けない、新しい集団を作っていってくれることでしょう。
今年は、全国高等学校総合文化祭(福島)への出場という
最高の勉強の機会に恵まれます。
みんなで力を合わせて、愉しい音楽を奏でていきましょう。
続きを読む…
2011/06/10

静謐な時

皆さんご存知の天声人語。
国語の教材で、取り上げることもしばしば・・・。
「天声人語 書き写しノート」が販売されたと耳にして、
早速、問い合わせ。
そうしたら、なんと、3冊組で630円のノートを無料で、クラス分いただいてしまいました!
スタートにふさわしい内容があったので、早速3Aで作業をしてみました。
文章に集中し、黙々とペンを走らせる20分間。
記事に記されてあった、「静謐な時間」を実体験してもらいました。
手書き文字の温かさ・美しさも感じてもらいたかったのですが、
真っ黒になった手の方に関心がいってしまったようです(笑)
今年度は、中学生にも速読を導入し、新聞ノート 続きを読む…
中学三年生の奈良・京都修学旅行から無事、もどってまいりました。
たくさんの国宝・歴史に触れ、名物料理を堪能し、
ホテルのステイマナーやテーブルマナーまで学ぶと言う
非常な贅沢で盛りだくさんの5日間でしたが、
一人ひとりが、楽しみながらも様々なことを考え、しっかりと受け取り、
有意義な旅となったようです。
事前学習のしおりには、資料を添付するページと毎日の記録を書くページがあったのですが、
写真をご覧のとおり、毎日、ぎっしりと思いをつづってくれました。
毎晩点呼後、読んでコメントを書くわけですが、
予想以上に一人ひとりの気づきや心の響きが素晴らしく、ついついコメントも多くなってしまいます。
そし 続きを読む…
5月29日(日)、神田の大日本家庭音楽会スタジオで、
8月の演奏会の講習会が行われました。
箏曲部員が参加し、全国優勝常連校の星野女子高校の指導者でもある、
小野正志先生のご指導を受けました。
地震で楽器が破損し、練習ができなかったのに加え、
修学旅行や北蓼科校外学習のため上級生が不在。
どうなることやらと心配していましたが、
入部して数週間の1年生たちが、頑張ってくれました。
とは言え、曲作りにはたどりつかず、楽譜の手直しや
細かい奏法についてのアドバイスをいただきました。
せっかくの機会ですから、次回の講習会までには、きちんと弾けるようにして、
沢山のことが学べるよう頑張りましょう!
続きを読む…
本日は、素晴らしい体育祭日和。
暑さに負けず、練習の成果を十分に発揮し、
全校生徒が、一致団結して頑張りました!
3Aが、張り切っていたクラス対抗の長縄は、
無事、予選通過。
決勝は、260回。残念ながら4位で、悔し涙を流しましたが、
高校生に混じり、飛び手7人でよく健闘しました! 
そして、お楽しみのランチタイム★
今年は、クラス全員の持ち寄りで、賑やかな昼食会を企画しました。
せっかくいらしてくださった、ご家族のみなさんと食べられないのは、残念ですが、
みんなで知恵を出し合い考え、
それぞれが(お母さんお父さん方のご協力も得て)腕をふるった豪華メニュー!!
  マカロニグラタン、なすと 続きを読む…
2011/04/28

英語の落書き

昨年度の明和会誌「つくばね」に載った、旧2Aのクラス紹介。
全員で行ったニュージーランド英語研修の影響で、
英語が大好きになって、日常会話に英語が飛び交ったり、黒板の落書きも英語・・・
という記事に関して、
「英語の落書きってどんなの?」
というご質問を頂いたので、この場を借りて公開したいと思います。
放課後の教室見回りで、発見するたび、楽しんでいました。
時折、I神先生にスペルを直されることも・・・
落書きは、もちろんですが、
あまりのかわいさと英語を頑張ったことに免じて、そのままにしておくのですが、
朝のSHRでは、いつもきれいに消されているのですよね~
もちろん、本人たちが 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354