先生のブログ

門倉 慶

プロフィール
2018/03/13

科学部 「カルメ焼き」

今日は卒業してしまった3年生以外の1,2年生でカルメ焼きを作りました。

 

中学理科の熱分解の単元で登場することもある実験ですが、カルメ焼きができる仕組みはけっこう複雑です。

 

理科の教科書の範囲で言うなら、炭酸水素ナトリウムの熱分解になるのですが、上手に作るための原理としては、「重合」や「粘性」などについて 触れる必要が出てくるものです。

 

ただ、今回はそれほど難しいことは考えずに、上手に作るためのやり方を追究してみました。

 

 

 

 

 

温度を測りながら作ってもよいのですが、私としてはコツがつかめてきたので、生徒たちにも泡の具合などを見て作れるように教えてみました。

 

自分たちのタイミングでやってみては何度か失敗をして、それでも繰り返すうちに上手に作れるようになりました。

 

 

 

 今後は、市販されているもののように軽い食感が出るように研究してみようと思います。

 

 

 

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: