先生のブログ

黒沼 靖史のブログ

プロフィール
2017/07/25

7/22 オープンスクール講座 紋切型であそぼう 

オープンスクール(体験入学会)で美術の体験授業をしました。

 

「紋切型であそぼう(紙工作)」

 

 

紋切型というと 現代では「決まりきった融通のきかない」といったネガティブなイメージがついてしまいましたが、本来は「型通り」という意味しかないものでした。答えのない問いへの取り組みが必要とされる今日、まるで悪者あつかいですが、基本的なことを型から学んだり、型を有効に使うのも大切なスキルです。版画や鋳造彫刻だってそうですね。

この紋切型、型紙をつかって遊ぶ 江戸時代の庶民の遊戯のひとつでした。寺子屋の教本の中にも記述があるそうです。今回は、折りたたんだ色紙を型紙の通りに切り抜くと、あら不思議、思いもよらない文様が現れる感動体験をしてもらいました。

できる人はその型紙から現れるパターンを参考にオリジナルの作品づくりへの展開もありました。

 

 

 封筒やコースターなどのちょっとした小物への装飾に、照明への装飾など、小学生のみなさんにはぜひ夏休みの工作に応用してもらいたいですね。

身近な草花から江戸時代のお殿様の研究した雪の結晶の図案、モダンなものまで、再発見してほしい日本素敵なデザインです。

 

参加者の方々にお許しを得ましたので、授業の様子と記念のスナップを掲載します。

 

 

 

 

 たくさんの型紙の中から好きなものを選んで切っていきます。

 高校生にお手伝いに入ってもらいました。

 みなさん、すごい集中力です。

 1時間目 記念スナップ 作品とともに。

 

 2時間目も作業に集中しています。

 作品がうまくできた、うれしい瞬間です。

 保護者の方の集中力は特筆ものでした。

 

 作業に没頭、細かいところに神経を使っています。

 

2時間目もみなさんで記念スナップ。 

 

みなさん、楽しんでもらえたようです。ちなみにこの紋切型の作品、厚めの画用紙と一緒にパウチするとおしゃれな下敷きとして使えます。

 

 

 

※次回体験授業(8/5.8/20)は「ビスケット」ワークショップ

プログラミングソフトを使ってアニメーションや簡単なゲームをつくります。 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: