先生のブログ

 weekly TAKU        Puis-je vous aider?

  水 越 卓 治 

プロフィール
2009/09/18

卓005 持ち物には名前を

 中学1・2年生の提出物を見ています。

 

 4月や5月は指導の甲斐なく記名の無いものに出くわします。

 

 「皆が同じ形のものを持つなら,自分のものとわかるようくふうを必ずするもの。」

とうったえても,です。

 

 要は,

「持ち物には,名前を書きませう。」

 

 名前を書いてない子には,今度から氏名欄に

 

 「 七 篠  陽 奈 」

 

 と書いてお返しするようにします。読み方は,

 

 「 ななしの ような 」・・・です。

 (はがして正せるように,透明粘着テープに書いて貼って返します)

 

  このほかに,私の生活の中にある 「持ち物には名前を・・・」 を,あと,二,三,ご紹介しましょう。

 

 まず,電卓です。

 

 

 「水越電卓治」と名づけて愛用しています。

 

 在職以来,5代目の電卓ゆえ,

「水越電卓治Ⅴ世」 が正式な名前。

 

 Ⅰ~Ⅳ世がカシオ朝で,Ⅴ世はシャープ朝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次に,二穴(にけつ)パンチャー。

 

 クラスでよく,持ってる子が持ってない子から,

「貸して!」と,たかられてしまう文具の

上位のひとつ(ホチキスもそうですね)。

 

 A4とかB5など紙のサイズを合わせる定規が引き伸ばせるという,ちょっとだけいい種類。

 

 でも,ここはそんな自身を謙遜(けんそん)して,

「自分はね,どこにでもあるごく普通で,平凡な二穴パンチャーと同じだよ!」(ややいやみが・・・)

という姿勢を込めて付けた名前は,

 

 「平凡パンチ」

 

 

  なんだか20年ほど前まで見かけた本の名前と同じ?

 そう思われた方は,気のせいか,おそらく何かの偶然です。

 

 その本まで当時,持ってない子から

「貸して」と,たかられたものだったかどうかは,謎です。

 

 

 最後に,電子レンジ。マイクロウェイブ。

 

 「チーン。」という音とともに解凍を知らせる電子レンジの姿と,

 「チーン。」という音とともに解答を知らせる「一休さん」の姿を見て,

日本人は,いにしえより続く,振り払うことのできない道徳観の存在から,この両者の存在を重ね合わせてきました。

 ことに昭和50年代には,

 

 

   好き好き好き好き 好き好き 一休さん

 

とまで八・四・六で歌われていただけの威厳を,この電子レンジにも与えるべく,名づけて,

 

 「 一 休 廉 師 (いっきゅう・れんじ) 」 

 

 

 

 一休廉師は,

すでに鎌倉仏教の末法思想にもあった「欣求浄土(ゴング・じょうど)」の世界観を,

 

「格闘技のラウンドの終わりに鳴るゴングの音こそが,次のラウンドには浄土へと救済されることを希(こいねが)う経過点である。」

 

と解釈し,

「加熱解凍」 の極致に達した電子レンジがチーンと音を発することとは,

とんちんかんちん一休さんが熟考思索の末に

チーンと音を発していた姿勢に根拠があったものと

雄弁に説いているのです。

 

  同じ鐘の音でも,かの『平家物語』冒頭にある 「祇園精舎の鐘の声。諸行無常の響きあり。」 に漂う無常観とはかなり対照的といえます。

 

 

 現代社会においても,仏壇で鳴らすリン,タイプライター,トライアングルなどから,鼻をかむ音に至るまで,日常耳にする「チーン」という響きに,抗(あらが)うことのできない強い力の存在を,今日も日本人は思い知らされるのです。

 

 で,私がお話ししたかった「持ち物には名前を・・・」とは,

「持ち物には,名前を書きませう。」 などよりもむしろ,

 

「持ち物には,名前をつけませう・・。」 なんですねえ

 

 わりと大切に持ち物を使うことができますよ。ペットと同じような見方。

 

 (生徒の皆さんへ。 ◆~■間には冗談がかなり含まれておりますので,真に受けないようにしましょう。 これからも,ばりばりと勉強して,福を呼ぼう!

 

 

コメント:   じつにくだらん!!!    by 磯 野 波 平

2 コメント
コメント一覧
  • 1

    勝手に書いていいんですか?
    書かれた人いますか? 

    by: ILOVE 松潤, on 2009/10/25
  • 2

     I LOVE 松潤 さん,コメントありがとう。
     2つ,問い合わせてくださいましたね。
     2つとも,その答えが,1行目から11行目までの間に記されてありますので・・・,もっぺん,読んでみてくださいね。それでも,?,でしたら,直接どうぞおいでください。待ってま~す。ちなみに我が家は二宮君が好きです(トークのみならず俳優としても伸び率№1です)。

    by: 水越卓治, on 2009/10/25
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: