先生のブログ

 weekly TAKU        Puis-je vous aider?

  水 越 卓 治 

プロフィール
2011/07/01

卓098 蒸し暑さ忘れて

 

 

長年乗ってた自転車とお別れを。

  

(2011/07/01 16:19)

  

思えばこれは,故・藤村 誠 先生 (音楽科・ピアノ) から頂戴したものでした。

  

感 謝。

  

日の出の早い今日この頃,

  

(2011/06/30 05:25)

  

5時半ごろ。台所の北向きの窓からも,お隣さんちから反射する光が。

というか,北東からの朝日が直接照っているようにも。

  

  

  

そして,家の中の,〇屋で暮らす,我が家のイヌ…。

  

 

(2011/06/30 23:10-12)

  

これを気にせず,きょうも,

 

 

(2011/06/30 07:49)

 

学校へ…。 るんるん。

  

(でもこの,取手駅7:40発バスの後ろに着いているというのは,ちょっとね・・・)

 

 

なぜに,るんるん気分かと。

  

授業開始時は,「暑い。」 とうったえ,下敷きをバタつかせている生徒の皆さんが,

授業に入ってから終了までの間,そうした行動が全く無くなっており。

  

蒸し暑さを忘れ,

授業内容にきちんと入り込めている生徒に会えるのだということに,

擬態語は何でもいいんですけれど,

愉しみを感じています。

 

本校生徒のどちらさまも,

納得のゆく成果を,

期末考査であげられることを切に,

願っております。

 

 

  

‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡

 

7月1日より期末考査。

  

そして,

お昼の会食もついに,

震災後の電力不足による影響が。

  

当分,ごはん無しメニュー,本格的にスタート。

電気釜の一斉使用を避けるため。

 

(2011/07/01 12:21)

 

 

おかずが中華で,主食がパン。

 

この日は,献立表で 「パン」 の字を見て,反射的に,

「お箸は不要。」 と判断した生徒たちが,

  

一斉給食の食堂(じきどう)に来てから

「あっ!」。

 

全体「いただきます。」のあとに,

教室にお箸を取に戻る生徒たち,少なからず…。

  

まぁ,今日を経験したので今後はたぶん…。

 

  

当方の小学生時代の給食は,

おかずが何であろうと,とにかく毎日主食は食パン。

  

小4くらいから,月に2回,ごはんがでるようになったような。

そんな時代もちょっと,思い出っしゃったりなんかして。

 

 

とにかく,今は,いまだ…,

   

戦時中に準ずる,国難であり…。

 

掲載を迷いましたが,

取り組みを知っていただくことも大切かもとも思い…。

 

(2011/07/01 12:37)

 

こちらは当分の間,休むこととなった電気釜クンたちです。

 

    

‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡

 

G藤先生の記事にもあった,生徒玄関の巨大な竹。そこに…。

    

 ,

(↑2011/07/01 13:14-13:17)

(2011/07/01 12:55)

 

 

お願いの数々。

回数券みたいに何枚も束ねて結ぶ子も。

 

こちらは,2年B組の子たちスペシャル!

 

(2011/07/01 12:53-55)

 

 

そしてこちらは,ねぎ玉牛丼。

(2011/07/01 13:19)

 

突っ込みどころ満載です。

  

すべての短冊の言葉に,

それを見た人々の,

見えないコメントが貼り付いていそう。

    

‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡

   

6月26日。

  

久々に,本八幡へ。 

昭和時代の街並を,一旦白紙に。

再開発たけなわ。

  

(2011/06/26 15:48,15:44,15:38)

 

 

以前,

京成八幡を早朝6時台の電車に乗っかって,

茨城取手まで出勤していた頃の自分が,

思い出されたのは,

   

しかも,その頃以来の

堆積した思い出と,思いが,

泉のように湧き上がるのを感じたのは,

 

(2011/06/26 12:36)

 

 

学園葬の参列に,おとずれているときでした。

   

合掌。

  

(2011/06/26 12:28)

 

聖徳大学へは,この石段を進むもまたよし。

  

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: