先生のブログ

 weekly TAKU        Puis-je vous aider?

  水 越 卓 治 

プロフィール
2009/11/06

卓012 濃い時間 濃い日々

 

 今週は、11月3日の朝が、とばしたギャグが滑ったときに匹敵するくらいの寒さに見舞われ、体調を害してしまわれた方もいらっしゃることと思います。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 「濃っ!」と声をあげるほどではないのですが,10月から11月にかけて,一日の過ぎ方が濃い日がわりとあったように思います。
 11月1日(日)も,濃い一日でした。

 

 どの場面にも,絵画的な情景がのこりました。

 

 5年生(高二)のみなさん,11/9からの修学旅行,

 よい旅でありますように(道中ご無事で)!(Bon voyage!) 

                           (これを「ボンボンオヤ~ジ」と言っていてはダメなのか知らん。)

  

 聖徳祭(一般公開日)。出張があるため、学校には10時までだけ。
 受付や入学相談コーナーのお仕事の合間に、少しだけ見物。うちの小4の娘とも合流。

 3Bの「ライス丸」、単品で、そのアイディアを賞味(本田先生のブログをご参照)。

 3Aで「Thirteen One Ice cream」を賞味。そこで撮った写真二点。

 盛装の3Aのお嬢さんたちとのものと、

 娘の通う取手市内の小学校を通じて縁のある,マスクの2年生凸凹3人娘と撮ったもの。

 

  (I小のA先生,いつも楽しくて温厚なご指導を ありがとうございます。)

 見られなかった企画の数々を惜しみながら,予定の10:00に学校を出ました。

 12:30までに,世田谷のK大学へ。

 

 「卓002」でお話しした,例の「教員免許状更新講習」の受講者の一人として,とある学会から「公開シンポジウム」に出ることをお願いされてました。

 それは,8月24日に受講した学校にて,21年前に教育実習でお世話になった指導教官(BON先生)に再会したおり,秋に行われるシンポジウムに出てしゃべってくださいと頼まれ・・・,それがこの11月1日の学会(私は非会員)。

 

 やってきたのは,小田急線・梅ヶ丘。

 会場のK大学自体,おとずれるのは最初。

 駅からのゆるい下り坂を,暖かながら強風に吹かれながら進む。

 統廃合で移転した都立明正高校の跡地にそびえたつ,10階建てのK大学34号館。

 最上階食堂から見る,昼下がりの副都心の表情は。

 いい校地(キャンパス)です。 空き時間を まったりと・・・。

 

 シンポジウムの本番(写真撮る余裕なし)。

 司会,大学の先生お二人。

 提案者,講習実施のT大,K大の先生お二人,

 K大で受講した品川区の小学校の先生と,T大で受講した小生, 計6名で,3時間。

 

 それは,

 更新講習制をバッシングするという趣旨のものではまったくなく,

 

 教員の 力量形成 と 資質向上 のために

 行政(教委)のみならず, 教員養成系の大学ができる企画は

 どのような方法で構成するのがよいのだろうか・・・

 という方向性で フロアの数十人の先生方とのお話し合いとなりました。

 

 更新講習制は再来年あたりに現政権により廃止になるとのことです。

 しかし,いたずらに教員への負担反対という情念だけで消えてしまうのではなく,

  (新人の)教員養成 + (活躍している)現職教員の力量形成・資質向上

 のために,大学・大学院がどう機能すべきか。

  特に,新人の教員養成は,6年制を検討中とのことです。

  (医学部等のように6か年にするか,[4か年+学校勤務を兼ねる2か年]にするか)

 

 現職の教員としては,

 実際に活かせて,すぐに役立つ内容の伝授や情報交換が非常にありがたいところです。

 また,文字にしたり,話し合いをすることで,

 自分の内側であいまいであったものが整頓されてくる機会が,

 通常の研修よりも, 濃く実現できるところに期待を寄せています。

 

 「教職大学院」の制度がスタートしたなら,いかがなものでしょうとたずねられ,

 

 「時間と人事が許せば,よろこんで通える。 とはいっても,

  部活やクラスの指導を断絶することに,困惑する教員も相当いるかもしれない。」

 とお答えしました。

 

 とにもかくにも,① 新人教員の養成, ② 現職教員の力量形成・資質向上

  が,方法論の改革の時機にあることは,

 各社新聞・社会面を見ててもうなづける事項。

 もちろん大学の先生方も,指導の現場との情報交換を強く意識なさってました。

 

 どなたもが所属が異なる参加者で 熱く行われた 有益な研修にもなりました。

 

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 さてきょうは お読みいただいてるうちに 眠くなりそうな感じだったかもしれません。

 

 全然別の話です。

 

 学校がお世話になってる 関東鉄道さんの系列会社である

 関鉄観光バスさんが, 「関鉄観光バスガイド キューピーストラップ」 を作成,発売中です。

 http://www.kantetsu.co.jp/kanbus/new/091016/091016.html (2009/10/16更新)

 

 長野校長先生は,「これ うちの真似だよなあ~」と,上記サイトの画面を見て一言。

 真似か偶然かの確証はさておいて。

 

 もしかして,運輸業界でキューピー発売がブレイクしまくっちゃっているのか知らんと思い,

 関鉄さんと もっとも発音の近い  近鉄 (近畿日本鉄道) さんのサイトを

 念のため見てみたら, やってませ~んした。

 

 要は,本校が日々お世話になっている業者さま各社※ が,近々,キューピーストラップを出す日が

 そう遠くないことを予感させるものであるといえるでしょう。

 

   ※ ① シダックス, ② 日月警備, ③ タカラビルメン, ④ イオンディライト, ⑤ 岩城造園,

     ⑥ 三越, ⑦ 須崎印刷, ⑧ 河原崎書店, ⑨ ツアープランナーオブジャパン,

     ⑩ メディア出版, ⑪ エデュース, ⑫ 常陽銀行取手支店, ⑬ セイワ, ・・・・・・

 

  (下3行,教職員ウチワネタですみません)

    そうですね・・・,須崎と日月のが出たらすぐ買いたいと思います。

            W辺さんとA達さんバージョンの特注キューピーで。

            みなさんはどのバージョンがよろしいでせうか・・・。

 

 「アクセス統計」に,「soub train」で本ブログ「卓008」にたどりついた方があったようです。

 ためしに,この語を検索にかけてみましたところ,

 10何番目かに,「卓008」が出ちゃってまして,やや,冷や汗。

   

 

 今回は一部を,携帯電話からのアップに初挑戦しました。 フォントが小さくてゴメンナサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: