先生のブログ

 weekly TAKU        Puis-je vous aider?

  水 越 卓 治 

プロフィール
2009/11/20

卓014 せんせい,あのね

 お~っと,今年も,来た~っ!!

 

 大手玩具小売店チェーンTからのチラシ。36ページ冊子。

 

 今年は11月20日(金)に来た~!

 畳一畳大のチラシの年もありましたよ。

 

 帰宅するやいなや,疾走してくるうちの子たち,

 チラシ片手に,「おとうさん,あのね・・・!!」

 ああ神様・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 きょうはすみません。 家庭ネタになります。

 

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆   

 

 「あのねノート」の話です。

 

 一年前。

  わがやの息子(現小2)が,小学校の担任の先生から返ってきた「あのねノート」を見せてくれました。

 

  「 せんせい,あのね。

    きのう,おとうさんが ようかんをたべさせてくれた。おいしかった。このなかにもちがはいっていました。またたべてみたいとおもいます。 

 

 担任の先生からの赤ペンのコメントです。

 

 

 「 もち入りのようかんなんてみたことありません。すばらしいあじだったでしょう。うらやましいです。

 

 

 ちなみに,この子のお父さんが持って帰って来たようかんはこれです。

 

 

 5年(高二)生の九州修学旅行・四日目にバス内のおやつに配られる,熊本銘菓「陣太鼓」。

  毎年職員室にも届く逸品です。

 

  ちなみにこれについてはずいぶん前に,M先生(現教頭先生)が,

 「これって,ようかんのなかに,(    )がはいってるんだよねっ!」とややお茶目に言及していたことがあったんですが…。

 ・・・ありえない形容でした。でも,納得できるたとえでした。口外できません。

 

 

この時期,旅行から戻って一回り成長した生徒諸君や,先生方との心のかよいあいで,ほのぼのとします。 先生,あのね。」 「なんじゃい。

 お土産くれた5年生,ありがとね。心遣いがおいしい。

 

  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

   

 「あのねノート」でもう二題。

 

  「 先生,あのね。

   一学期,ザリガニつりました。いっぱいつれてうれしかったです。こんどは,マグロをつりたいです。

 

  「 マグロはなかなかむずかしいですが,ザリガニつりは,また行ってみてね。

 (今年7月中旬 家の前のドブでのザリガニ釣りについて  ▼二貫 握られてますね

   【訂正】 ↑小学校から1kmほどの田園地帯で行われたザリガニ釣り。そのことを書いた文でした。

 

 

  「 せんせい,あのね。

   きょうはペットショップにいきました。パグをみました。ちいさくてかわいかったです。目がまん丸でぼくのことをみてました。 

 

 「 犬もこうちゃんのことがすきなのかもしれません。わんちゃんは,じぶんのことがすきな人のことがわかるようですよ。

 (今月中旬 日曜のホームセンター,ペットコーナーでのこと

 

 

  先生のコメントにほんとうに脱帽です。目がうるんできます。

週末に書いて提出しているこのノートも,インフルエンザによる1週間の学級閉鎖(10/28~11/3)の際は毎日書いて11/4に提出。

 この一週間毎日分にも,コメントをていねいに記してくださいました

 

 

自分の子の記述はというと,動物や,食べたもの,遊んだことだとかを,目いっぱい綴ったうえで,今後の展望だけであったのが,気付きや発見まで書き足して結ぶようになっている・・・。

字形も僅かですが,だんだんに成長しているようです。

ブログの本文とコメントのようでもあります。

このブログも,お読みいただいている方への「あのねノート」のようなものかも。

私も学びつづけます。

 「みなさん,あのね。・・・」という出だしも検討中です。

 

  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

 

 「卓013」で述べた 「休肝日」 の宣言については,まだ定義が固まっておりません。

 「ジェット燃料の補給量350ml以下を,休肝日とする。」, 「9の付く日を休肝日に定める。」

  などの数案を,目下検討中です。

 燃料補給事業自体が,仕分けにより廃止にならないよう,鋭意努力中です。

 

  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  

最後に,M教頭先生が11/19付記事で記していた「茶色の・・・」というのは,こういうのでしたでしょうか。

 

1980年,山手線ではなく,横浜市内。

 

幼少時の総武線もこれでした。山手線のお下がり。

チョコレート色ともいいましたっけ。

 

乗ると正面中央に真鍮(だったかな?)のつかまり棒があったような・・・。

ああ,昭和。

 

  ■
2 コメント
コメント一覧
  • 1

    せんせい、あのね。
    しゅうがくりょこうちゅうにでたおやつの「じんだいこ」、せいとには「じだいこん」にきこえたみたい。バスのなかで「だいこんまだ?」っていわれました。

    ・・・今年の九州修学旅行中の実話です。ガイドさんに笑われました。バスの中でのおやつに大根って・・・。

    by: ごねん○くみたんにん, on 2009/11/21
  • 2

    (赤ペンで)
     「じだいこん」とはまた,地物の大根とも,時代が来んとも,どちらの意味にもとれて,おもしろいですね。
     さすが,食へのこだわりの強い,ごねん○くみさんです。
     こんどは,「じだいこん」に一二点(漢文の返り点)をうって,「じんだいこ」と読んでみてくださいね。

    by: 水越卓治, on 2009/11/21
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: