先生のブログ

 weekly TAKU        Puis-je vous aider?

  水 越 卓 治 

プロフィール
2017/05/05

卓403 GW・再考

学校周辺の田園の

   

2017/5/4  16:40

  

田植えも一挙に進みます。

画像はありませんが,

日没後の闇の中でも機械で植えられており (…初めて見て感動)。

稲作圏の国々で,夜間にも田植えする国は,どれくらいあるのでしょう。

   

校内の木々も,かなり芽吹いてきたのと同様に,

どの学年の皆さんも,学業に,部活にと,

順調に加速をし始めたところと思います。

  

( 5/4  16:36 )

 

中学生は,

価値観の多様化をベースに,知識と技能の修得に努める。

 

高校生は,

「…とは何か。」「…する方法のうち,最適なのはどれか。」 など,

多様な道筋を自分で,共同でたどってみながら,思索を深める。

    

中高生ともに共通に磨くべきは,社会性。

互いの権利を尊び,共感しあえる一体感を,

現実の時空において,顔と顔を合わせて

どれだけ豊かに経験できるか。

  

家庭・地域・学校において育もうとする

「健やかに」 の意味が,

従前からそこにもあります。

    

    

学校から数キロ離れたところにある

小貝川の岡堰(おかぜき)では,

  

2017/5/5   14:27

 

端午の節句のイベントが

好天のもとで開催,行楽客,

鯉幟,ポニー試乗,露店,川風。

  

間宮林蔵像

14:32-37

    

ちなみに,会場となっていたのは

「岡堰・中の島」 とよばれる,川の中の小島。

  

岡という地区に,小貝川の流れを堰き止めるために

築かれた,小さなダムのようにも見える 「岡堰」 は,

1996年に,下流部に新しい堰が完成し,

1960年代からあった堰は,そのあとに撤去されました。

  

「岡堰・中の島」 はその従来の岡堰のあった場所の名残で,

対岸との橋も,桜の名所でもある「中の島」を伝っていました。

  

1995修正測量 )                                                ( 2007更新 )

 

   

∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬

  

   

GW前後のこの時期は毎年,時間にゆとりが

ないようでいて,実はあったりすることもあり…。

「指導」 と 「非指導」 のちがいをよく考えます。

以下は私見です (以上も私見ですね)。

  

家庭,地域社会,教育機関のいずれにおいても,

「指導」 の現場には,一定の主従関係が必要です。

しかし,「非指導」 の現場ではそれが一見成立しているようでいて,

目的重視のもと,人権軽視が黙認されている状況が散見されます。

  

よくあるケースは,「他者を否定する」 という安易(で卑劣)な手段により,

指導とは乖離した,操作的で,洗脳的ともとられかねない手法で,

一致団結が叫ばれている例などがあり・・・。まさに悪政を想起します。

学校という教育現場では,基本的にこういうことはありえません。

  

理性的判断に依るのなら,

早くその異常さには気付くべきところでしょう。

  

そこでは,度を超えた主従関係の構築が特徴的であり,

「ひとたび見放されたら,進むべき道が断たれるのでは」 などの不安感をもとに,

「絆」 と見せかけられた 「束縛」 には異を唱えられないまま,

貴重な歳月の経過に従う状況に…。実害を避けたいところです。

    

旧態な場においてはときとして,

散見される状況なのかもしれません。

あるべき一定の主従関係を基本に伴ったうえで,

指導は効果的に成立します。

    

教育機関では,進むべき道は,試行錯誤や紆余曲折を伴いながらも,

百点花丸までの保証まではないものの,人権を第一に意識しながら,

ともに確認しながら開拓していく,という場であるという認識を,

通常,教職員は具えています。

みなさんはどのようにごらんになられますでしょう。

GW中に再考するテーマはまだまだあるのですが,その一例でした。

       

  

 

本年度の会食メニューに, 「リクエスト献立」 がまだ出現していないため,

この情報の掲載は,表記が登場するまでお休みいたします。

ちなみに5月6日は,メンチカツ,ひじきの煮物などの,720kcalとなっております。

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: