先生のブログ

 weekly TAKU        Puis-je vous aider?

  水 越 卓 治 

プロフィール
2017/08/11

卓417 夏草の現在

89日は研修。

 

2017/8/9  13:41

  

AEDの使用方法を,メーカーの先生来校にて受講。

ありがとうございました。

  

ちなみに,12,3年ほど前,自治体公的機関の方が

来校してくださり,受講したときの先生が,最後まで

「イーエーデー」 と仰っていたこともこれまた忘れられません。

   

地理Bの受験補講もひとまず8/10までで一旦…。

  

7/31  17:17

     

      

∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬

   

    

散歩も兼ねて,近所の店まで。

こういった感じのものを買いに行くため…。

   

7/27  17:26

   

歩くのは線路沿いの細道。

ん? 前は無かったかもよ,

  

7/30  13:51

  

と思ったのは,

線路の下の法面(のりめん)に,

緑色のシートが敷かれており…。

  

例年,ひと夏に2度くらいは,

炎天下で草刈り機を鳴らしながら作業する方々の姿を,

他区間も含めての大仕事を,ご苦労様ですとの思いでお見かけし。

      

たしかに,草地をコンクリなどで覆ってしまうと,

下の土壌への通気性や通水性を失うばかりか,

太陽光の熱の反射で,地面近くの気温が高くなる。かといって,

緑とはいえ,視界を遮る雑草群も,保安面で放置はできない。

  

   

検索すると,「防草シート」 というようで,販売サイトに多々の品数。

1㎡あたり100円前後から300円台で。 基本は黒のところ,

濃い緑もかなり出ており, 耐用年数は5年くらいが多い模様。

   

この先,雑草対策の作業内容は,草刈り機によるローラー作戦から,

防草シートの敷設とその維持・管理へと,転換するのか…。

労働力確保が困難な中,低支出で済むのなら,おそらくこの傾向に。

   

7/30  13:58

  

思えば5月にこの横の踏切では事故が。

事故処理的にも,草が茫々と伸びきった線路沿いであるより,

見透しよく法面にシートが敷かれてある方がおそらく,とも。

  

などなど, 見てはいろいろ思いを巡らすのは

散歩の醍醐味, 私は現金(苦笑)。

     

      

∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬

   


6週間の夏季休業期間。

21日が経ちました。ちょうど半分。

    

7/19に明けたものの空梅雨と思いきや,

源流付近に恵みの豪雨も幾日かあったためか,

利根川水系の水不足の騒ぎこそ起こってはいませんが,

猛暑の直後に涼しさ到来,北東北にやませの吹く今日この頃です。

   

妙な段で時候の挨拶を書くのはここまでにしまして,

   

突然ですが,ここで問題です。

  

 次の図1は, 2017721日から810日までの

3週間における,各日の東京の日照時間を表したも

のである。また,図2は同じ期間における,東京の

日最高気温を表したものである。「721日~7

27日」を第1週,「728日~83日」を第2週,

84日~810日」を第3週とした場合,それぞ

れの週の日最高気温の変化を表した折れ線は,

ア・イ・ウのちのどれになるか。

 

 (気象庁ホームページより作成)

 

(答) 第1週(     )

    第2週(     )

    第3週(     ) 

   

お答えは数日後,巻末に。

特にヒネリはありません。

  

センターだと,組合せ選択方式のところですが,

ここはベイシックに。

  

不穏な空模様ですが,

よい夏を過ごしてまいりましょう。

  

7/28  14:05

  

 

(答) 第1週(  ア  )

    第2週(  ウ  )

    第3週(  イ  ) 

 まず,猛暑から。折れ線イの水曜日の37℃は,図1の

日照時間の水曜日では,第3週が8時間超で,他週が

0~1時間の他週(最高気温も30℃未満)であることか

ら,第3週は折れ線イ。なお,この日(8/9(水))が猛

暑なのに日照時間が7/21のように12時間近くにまで及

んでいないのは,夕方に,日中の猛暑による蒸発でで

きた積乱雲による豪雨があったためです。ちなみに8/9

の日の出から日の入りまでの時間は13時間43分でし

た。

 第1週と第2週の判別ですが,両週の月曜の日照時

間の差から推測したいところですが,全週とも同じよう

な日最高気温で重なってしまっており,別の曜日に注

目するしかありません。図1で,第1週の水・木曜が日

照時間なしが連続していることから,曇りか雨が続き,

太陽熱がほとんど届いていないことが推測され,日最

高気温は連続して下がっていくものと考えると,図2の

中では折れ線アがもっとも自然といえるでしょう。した

がって,第1週はアで,第2週がウとなります。

本問では,気温の高低の要因を,図1の日照時間からしか推測することができませんでした。ほかには,前線を境に大気が温暖であったり寒冷であったりするとか,前述の猛暑と夕立など,別の要因もいくつかあるため,日照時間と日最高気温の相関が高いとは一概にはいいきれません。

 

1 コメント
コメント一覧
  • 1

    お早う御座います。平成一ケタに地理を習った卒業生の一人です。
    いつもブログを読ませていただいています。
    車の免許もなく同期生とも中々都合が合わないので学校に行けていませんが行けたら逢いに行きますね。

    by: 篠宮早苗, on 2017/08/12
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: