先生のブログ

 weekly TAKU        Puis-je vous aider?

  水 越 卓 治 

プロフィール
2017/08/25

卓419 遠近不問

 

 

2017/8/25  16:46  20年間感応式でしたが最近,側方のセンサーが撤去され。 )

 


8/25  13:02  取手市白山  次の日曜,18歳以上茨城県民は,投票日です。 

   

今年の夏は「安近短」。受験。

いちばんの遠出は,

前号で焼きそば丼をご紹介した街。

  

でも,近場を移動していても,おもしろい景観は

結構目に入ってきます。

最近見たものだと,

   

  

8/22  16:39

  

花丸の住宅。

なかなかハードルの高そうなネーミングです。

   

      

人の動きもまた,時季をおもう景観です。

  

8/22  18:05

 

 

∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬

 

      

街歩き番組もよく見ます。

特に,「高遠長」の所を。

地上波もBSも見応えのあるものが。

SNSで見る,知人の滞在先現場レポも同様。

   

先日,ベルギーの Gent が紹介されていました。

  

  

ギザギザの階段状屋根(ゲーブル)の建物こそ,

ベルギーらしさを感じ取る景観。

番組では終始, この市名を「ゲント」と紹介。

もちろん誤りではありません。ところが,

   

中高生用の教科用図書である地図帳の索引には,

ゲント」は載っていません。

ページを開くと,「ゲント」ではなく,「ヘント」と記されています。

  

じつは,ベルギーの使用言語は,ご存知の方も多いと思いますが,

北部ではオランダ語(フラマン語),

南部ではフランス語(ワロン語),

首都では上記の2言語併用,

少数で東部にドイツ語地域あり,

という状況( 「ベルギー語」なる言語は存在しません)

   

で,この都市 Gentの読みは,

オランダ語では ヘント  Gent,オランダ語ではG hのような音で発音),

フランス語では ガン」 (つづりは少し変わって Gand ),

では,「ゲント と読むのは? 

英語(つづりはGhent)や,ドイツ語(Gent)での読み方だということです。

 

ちなみにお菓子のワッフル(英語読み)は,現地ではオランダ語がワーフェル,フランス語がゴーフル。

   

こうしたことは,世界史でも人名の読み方が複数ある例と同様です。

世界周航で有名な マゼラン( 1480-1521 )はポルトガル人でした。

 

ゆえに,ポルトガル語読みの 「マガリャンイス」Magalhãesが,

世界史の教科書にもメインで表記された時期がありました。

しかし,英語をはじめとする言語では Magellan で表記され,

日本語もこれにならって マゼラン が定着したようです。

    

この手の話題はほかにも,中国の地名の英語表記が

漢字表記に慣れた日本人にとってわかりにくいことや,

(例)  Tianjin(天津),Chongqing(重慶),Chengdou(成都),Dalian(大連)

 

インドの地名の読みが,1990年代に

欧米語読みから現地読みに改称されたことや,

(例) カルカッタ コルカタ, ボンベイ ムンバイ, マドラス チェンナイ,

    シャンデルナゴル(仏) → チャンダンナガル(ヒンディー),チョンドンノゴル(ベンガル)

 

日本人の人名が中国語ではそのまま漢字表記されるものの,

当然発音はまったく日本語とは異なる読まれ方をすることなど,

  (例) 松田聖子(まつだせいこ)  ソンティエンシェンズー [標準語]

   

挙げるときりがありませんが,話の種には十分なりますね。

   

   

∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬

 

      

先日, 京都発祥のラーメン屋さんチェーンにて,

納豆ラーメンとごはんのセットを注文してみました。

   

8/21  15:04  つくば市  突き刺しているように見えるおはしはちゃんと右手で持っています )

  

濃厚こってりスープが売りのこのチェーンは,

茨城県内は2店舗(つくばと常総(水海道))のみ。

ちなみに関東各都県の店舗数は,

東京28,神奈川6,埼玉4,栃木3,群馬2,茨城2,千葉0。

 

「納豆ラーメン」なるメニューは都内の店舗にはないようです。

というか,茨城県内の限定メニューの可能性もあります。

 

着丼ののち,まずは納豆を分葱(わけぎ)とともに撹拌して,

迷わずここは,ごはんの上に載せました。   

    

  

プレミアムな納豆ごはんと相成りまして,

ごはんのお茶椀の方と,麺の丼の方とのどちらが

メインなのかちょっと解りにくい画となりました。

 

 

   

ちなみに,すする音が,ダブルねばねばにより,

思ったよりも大音響でしたが,納豆好きにはたまらない,

また食べてみたくなる風味でした。

   

   

∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬

 

      

もうひとつ外食のお話。

  

宮崎県といえば,「冷や汁」,「チキン南蛮」

その定食をいただきました。

  

8/25 12:09

 

冷や汁は,ほぐした鯵の干物(いりこだしの場合もあり)に,

味噌と胡麻をすりこぎですって作ります。

あつあつごはんにかけて混ぜていただきます。

   

(見れば鯵の干物がさらに一切付いてきています)

 

胡瓜のスライス,茗荷に大葉,浮かんだ粒氷と,涼味は満点。

ご飯にかけていただく夏の宮崎の定番家庭料理。

  

 

チキン南蛮は,鶏の唐揚げのタルタルソース添え。

かける前に混ぜるタルタルには,ゆで卵の香味がほど良く残り,

鶏あっての親子系メニューでは,丼にも負けない上位の一品。

    

20年前。1997年の8月下旬に

(この年の8月は,卓416にも記したような遠出もありました),

福岡と宮崎に住む大学時代の友人宅を単身訪れたことが。

  

アポは前日。宮崎で同職のT君は突然の訪問にも,

仕事を休んでくれて高千穂や青島へ案内してくれました。

   

そのときに,当時まだ関東であまり知られていなかった

チキン南蛮や,冷や汁,お隣の県の白熊などの,

南九州ご当地の味とは初対面でした。

  

冷や汁も,T君の実家でご馳走になり,

使われている素材の一つ一つの風味・香味を,

いろいろと話をおうかがいしながら賞味した記憶が。

  

あれからもうそんなに経ってしまったのか・・・などと思いながら,

安近短なお隣M市にある外食チェーン店Yにて,

爽やかに味わった次第です。

   

   

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: