先生のブログ

 weekly TAKU        Puis-je vous aider?

  水 越 卓 治 

プロフィール
2018/05/18

卓457 見え方いろいろ


先週土曜日は,キラキラとした朝。

   

( 2018/5/12  7:00 )

   

この日は,車に乗り込み,アスレチックです。

   

仰向けや,うつ伏せとかを繰り返し,

写真も決めポーズで何枚か撮ってもらいました。

   

( 来賓職員玄関前のロータリー  

  

終わると,ボトル入りの水と錠剤を渡されまして,

簡単な朝食を,職員室の自席で。

前日の午後9時以降,飲食禁止でした。

バリュームのんだ後の,バリューセットとでも申しましょうか。

   

5/12  8:25  ※ この朝食は自前です。

    

40歳以上だと,毎年この時季必ず受ける,

胃部検診の様子の断片でした。

結果がたのしみ(それはない)。

      

    

∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬

    

    

中間考査も迫ってきました。

定期考査が初めての中学1年生ですが,

日中の授業では,さまざまな角度から

推測を話し合う時間は皆,活発です。

 


5/16  11:26

 

この日の時間の中盤では,

農耕が見られない北極海沿岸地域では,

どんな食物を手に入れて生活しているのかについて,

3~4人単位で,4~5分間しゃべり込んでもらい,

   

「どんな話,出ました?」 のあと,各グループから発表。

伝統的な狩りや自然環境に着目した答えから,

現金収入や,貿易に着目した答えまで。

  

いろいろと 「出た話」(情報)を総合していくうちに,

なぜお肉を生で食べるのかというクエスチョンも理解ができてきます。

思えば,日本も魚介や鶏卵を生で食べてもいるわけで,などなど…。

    

     

5/14  11:45 …「3分クッキング」な時刻の南西方向  )

    

   

4階にある地理教室の真下(地下1階)には,

会食(給食)を調理する厨房がありまして,

日によって,スープの香りや,お肉やお魚が

調理される匂いが心地よく立ちのぼってきます。

  

和食や中華の献立が続いてきた中,

今日のメニューは,

    

5/18  12:51

   

自分で挟む,ハンバーガーと,

「彩りコーンスープ」, などなど。

  

でもちょっと懐かしかったのは,

   

5/18  12:52

   

銀紙(?)に包まれたマーガリンでした。

自分の記憶だと,小3(1974)までの給食のマーガリンが銀紙,

小4以降は,透明なプラスチックに密封されたタイプに。

廃棄物の処分を考慮すると,銀紙の方がよいのかもしれませんね。

   

     

     

会食のあと, 食堂(じきどう)の一角では,

部活動の集合写真の撮影。

   

5/17  13:08  ボランティア部  他部と兼部の生徒が多いのが特色。 )

    

     

     

午後の授業の2時間も終わり,

3時半から掃除の時間です。   

   

地理教室とその隣の教室の担当は,3~6年生の10人。

「黒板」「机・イス」「床」と「リクエスト」の4つを

曜日ごとにローテーションで分担。

   

この日の「リクエスト」の内容は,

黒板上部に掛けられている肖像額縁の清掃。

めったに行いませんので,

濡れタオルで身体を拭くような感じで進められました。

   

5/15  15:38  3年生・Kさん,おつかれさま。  )

   

  

    

この教室前から北東方向に見る,田園。

    

5/16  15:38

   

地上で田を見るとまだ,前号と同様に,

逆さ富士的な風景が目を楽しませます。

   


5/18  18:33

  

ロシア文字の “ Ю ” のような。

で,首を90度かしげると,

  

    

ロールシャッハテストのような。

    

「何に見えるか。」 で心理を分析する,左右対称な画。

高校の保健で習うことと…。

    

5/18  18:27

    

考査期間より前の学校は,

7時までテスト勉強を続ける生徒の皆さんの,熱気のようなものを

校舎の所々から見える灯りから感じます。

   

生徒の皆さん。 健康管理を万全にして,

納得のゆくテスト結果を目指してください。

   

    

  

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: