先生のブログ

 weekly TAKU        Puis-je vous aider?

  水 越 卓 治 

プロフィール
2018/11/09

卓482 地図 ありますか

 

2018/11/5  7:54

    

7,8年くらい前までは

「 地図 ありますか?」 という問合せを

職場の先生から受けることがよくありました。

授業で使うためということで,教科等では,

英語科の先生からのがダントツで,次いで,

保健や,学年の校外学習といった具合いです。

    

たしかに,英語の長文読解などで扱う文章

などは,内容の分野が多岐に亘るために,

自分では解っていても,どう取り上げれば

授業などで解り易くなるものかなど,

先生方は日夜十分な研鑽を怠りません。

それゆえ当然,

地図は地理屋に訊くことになるでしょう。

   

地理屋なら,地図帳の残部とかを抱えている

だろうと思われがちですが,実際は,地図帳は

副教材ではなく,正規の教科用図書である

ために,在籍生徒と指導する教員の分のほかは

残部が生じませんので,「はいどーぞ」と

お分けできるものは,全然ありません。

スキャンしたものなどで勘弁してもらいました。

それよりもまず,訊かれたら,

「どのへんの地図をですか?」 と返します。

  

じつはここからが注目箇所でして,

人それぞれが頭の中でテーマにしている

地図の範囲や詳しさが,そのときどきによって

異なります。メンタルマップ(頭の中の地図)とか,

空間認知などとよんでいるのですが,

自分の必要としている範囲が解っている上に,

人に注文するだけの表現力の方も要されます。

  

たとえば,   

「アメリカ(合衆国)全体と,州やおもな都市名」

「日本全国の都道府県名と庁所在地名」

「世界の国々と首都名」

「大阪と京都と神戸の位置関係が解る」

「オーストラリア全体とおもな都市名」

「佐久市の 『望月里めぐり』 で歩く経路」

「取手市内の全学校名とおもな道路や交通」

「九州修学旅行で巡る市町村とおもな道路」

といった具合です。

  

さすがに,

「地図と言ったら,地図です!!」

とお切れになる先生はいませんでしたが,

生徒では,そう言った人が過去に,いました。

地図という物体感の方が,

盛り込まれている情報の範囲よりも

大事だったのでしょう。

   

このことは,持ち物や食べ物に寄せる好みの

度合いについても,同様のことが言えます。

たとえば,

「どういう うどんが食べたい(うどんを食べた)。」

が話せることと,

「うどんだったら,食べられれば何だっていい。」

とだけ構えていることとを比べてみても,

指向の質的相違は,如実に顕われています。

最終的には,面白味とか話の魅力度だとか,

その人のお金の良いつかいかたなどにまで,

明暗が分かれたりもします。

  

2018/11/7  13:42

  

で,本題に戻りますが,どの場合においても,

自分の求めている地理情報が整理できていて,

それをどうアウトプットするかが,

「 地図 ありますか?」 の決め手となります。

   

でも最近では,

この問合せが以前ほど多くはありません。

WEBで検索し,編集・印字・アレンジする

などのスキルが,時代と共に進展したため

なのかもしれません。ですので今は,

対話の糸口として歓迎するような感じです。

   

くわえて,地図という語も,

計画や工程,人生設計をたとえる意味で,

話し言葉で使うことも少なくありません。

   

地理的な空間+諸情報の,本来の地図から,

いつ(時点)・どの人が・どれくらいの時間・

いくら・どのポジションに・・・などの,

こちらもまた多岐に亘る次元に応じた地図が,

  

個人や組織の意思(意志)決定に

求められ,ある意味,突きつけられている

といっていいでしょう。

目的意識を確かめる意味でも重要です。

 

   

ですので,使いようによっては,

「 地図 ありますか?」 も,

重量感のある問合せに様変わりします。

  

2018/11/5  7:54

 

   

  

 

11/12(月)から11/17(土)まで,

5年生(高二,35期生)の九州修学旅行に出向かれる

生徒の皆さん,引率の先生方,

 

地図 ありますか?

  

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: