先生のブログ

 weekly TAKU        Puis-je vous aider?

  水 越 卓 治 

プロフィール
2018/11/23

卓484 調和三景


月曜日は教員週番活動で,

取手駅東口のスクールバスのりばに。   

   

2018/11/19  7:41

  

平日・土曜は,6:50発,7:20発,7:50発。

    

生徒によると,各便とも,バス待ちの

列の並び方が異なるのだとか。

松戸からJRで通う6年生(高三)に聞いてみました。

  

11/21 13:40

   

バスは,運転席横の前扉からの乗車です。

1便目(6:50)は,吹奏楽部,陸上・駅伝部の

生徒など,いわゆる朝練に向かう生徒が利用。

これは,ごく普通に1列で並ぶようです。

  

11/19  7:47  3便目が入線 

  

2便目(7:20)は,少し人数が増えます。

列が長くなると,ヘアピン状に折り返して

並ぶのだといいます。

  

3便目(7:50)。

この便の場合だと,2列に並ぶようです。

さらにもう1列,3列目があるのですが,

そこには遠慮がちに高一(4年生)が1列で。

でもなぜか,中学生は,1・2列目の方に,

6・5年に交じって並んでいるのだという…。

   

  

これらのパターンは,

教員が指導したものでもなく,

影響力の強い生徒がいたというわけでもなく,

   

便ごとのルールが,

特に何かの統制を受けることもなく,

日々形成されていったようなのです。

  

11/19  7:47  今年度は青いリボンの新制服が高一(4年生)と中1 

  

また,日ごろ1便目に慣れている生徒が,

初めて3便目を利用しようとした際に,

1便とルールが異なることに戸惑ったものの,

3便「常連」の子も,それをとがめることなく,

   

「ああ,こう並べばいいのね…」と

やんわりと気付く程度で済み,

不快な思いをすることはなかったようです。

  

    

特に議論を交わしたわけでもなく,

小さなルールが形成されていったことも

興味深く思いますが,

 

3便の場合は,5か月後,年度が変わって,

現・4,3年生がそれぞれ,5,4年生に

進級したあとに,今度はどのような並び方に

変化するのかということにも興味あります。

もちろんそれは,

協調性が継がれての変化であると予測します。

    

   

*********************

     

    

木曜(11/21)は,年に一度の

松戸校(秋山校)の先生方との

合同研修会。今年は取手が会場校でした。

従前の研修とはスタイルが一新したのは確かです。

   

11/22  9:42 9:45 5C )

 

10:42 10:52 6A )

 

( 12:26 15:30  )

    

   

*********************

    

   

8月下旬の登山(神奈川県の大山)以来,

7~8時間の山歩きを11/18(日)に。

奥高尾エリアの山々を。

    

2018/11/18  10:14  景信山(標高727m)からの眺望 

    

中央自動車道の都県境にある渋滞の名所・

小仏(こぼとけ)トンネルといえばお解りの方も多い

かもしれませんが,トンネルの上を跨ぎます。

  

11:01

    

11:01  路をはさんで,左は東京都八王子市,右は神奈川県相模原市南区 )

   

景信山,小仏城山などの山々も,

紅葉の季節の休日とあり,

そこそこ人出はあったのですが,

  

13:22

    

高尾山頂は,500010000人はいたでしょうか。

定番のコースの混雑ぶりは,下山のロープウェー

乗車が50分待ちとの情報に,やっぱりね,

   

でしたので,数通りある下山ルートから,

混雑度で無難な「稲荷山ルート」を選択。 

それでも…,

   

14:42

   

台風が仕掛けた倒木があり,リンボーダンスで

上向きにくぐるかとも話していましたが,皆,

所々からだを軽く痛めたりしていることもあり,

そんな余裕はないまま,ごく普通にくぐった次第。

    

14:42

   

要所要所に展望スポットはありましたが,

この日の天候は雨こそ免れたもののいまひとつ。

案内看板で擬似堪能します。

   

14:54

  

14:56  高尾でカカオ )

  

15:01  バッグはお茶づけ )

    

眺望のほかにも,途中で共に味わう名産に,

前後の苦労がスーッと癒されるのが快感です。

   

10:25 12:05 2か所の茶屋で熱々なめこ汁を はしご  )

   

15:54 下山後のお饅頭屋さん店頭で お茶といただく高尾まんじゅう )

   

ちなみに,今回の山歩きのメンバーは,

1990(平成2)年度に本校で講師で勤務していた

同い年4人組!の,古川(石川)由利子さん,

真柴晶彦さん,永見隆志さんと私の中年登山。

  

  

事前打合せも「来すぎ高尾」のグループ名で,

周到の一歩寸前まで用意を重ねておりました。

  

2018/11/18  15:56

  

人との再会も,お店での飲食もよいのですが,

大自然を長時間,歩いちゃ休んでというのも,

味わい深いものがあり,中年を山へ誘います。

   

  

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: