先生のブログ

 weekly TAKU        Puis-je vous aider?

  水 越 卓 治 

プロフィール
2018/05/04

卓455 タテが経線・ヨコが緯線


連休谷間の水曜日。 1A・地理。

 

( 1415教室(社会科室) )

 

この日は,

「緯度と経度で,国探し。」

  

   

地球の表面の位置は,

緯度と経度の組合せで表され,

今やGPSで汎用されておりますが

(本稿では,緯度や経度の定義や 特徴についての説明は,割愛します)

     

もっと, 北緯・南緯,東経・西経と

親しくなってもよいはずです。

   

たとえば, 取手市の某所で

スマホのGPSが示す緯度と経度は,

 

 

北緯35度54分00秒

東経140度04分15秒

  

およそ, 北緯36度  東経140度 です。

国際的に通じる書き方をすると,

      36°N    140°E

   

取手の位置だけ見ててもしょうがないので,

世界の様々な国々の位置も,

緯度・経度 で探してみることに。

    

   

手描きチックな素朴な世界白地図ですが,

15度ごとに緯線や経線が引いてありまして,

緯線と経線が交わるところが,何という国にあるのかが

わかるようにしてあります。

    

たとえば,

「 北緯15度  東経30度 が交わる所にある国は? 」

 

  

北緯15°の緯線(ヨコ線ですね)と,

東経30°の経線(タテ線ですね)との交点には,

スーダン がありますね。

  

北緯,南緯,東経,西経の範囲については,

  

  

このように,

0度の緯線(赤道)を境に北緯と南緯,

0度の経線(本初子午線)と180度の経線を境に東経と西経

に区分されることを一回確認します。

   

あとは, 馴れまくるまで何十問でもエクササイズ。

  

「 願いましては ( …こういうときに使うフレーズじゃないですね)

 北緯60度  東経15度 が交わる所にある国は?」

   

数秒後, 1人目が手を挙げる,

2人目,3人目…。

  

6,7人が手を挙げた辺りで,ヒントタイム。

「 国名は何文字でしょーか?」

→ (そろって,) 「 (えっと…) 6文字~。」

「 国名の5文字目は?」

→ 「 デ! 」

 

2018/5/2  11:03

  

だんだんと手が挙がってきます。

  

「 探し中の子に,探し方教えてあげてもらっていいかな?」

→ 探し方を教えてあげちゃうタイム,30~40秒。

  

11:04

   

「 はいそれじゃ~, *番目に(挙手が)早かった ○○さーん!」

「 はい。  スウェーデンです。」

「 手を挙げた皆さん, OK? 」

「 OKでーす。」

 ( ちなみによく聴かれる 「いいです。」 は,

「形容詞の終止形」+「です」,なので,私はお勧めせず。)

    

「 次はね~。 南緯15度,  西経75度・・・。」

 

   

探します。 1人,2人と手を挙げます。 ヒントタイム。

 

「 この国は海に面していますか?」     「います!」

「 何文字ですか。」            「3文字!」

「 東の隣には何て国がありますか?」    「ブラジル!」

「 1文字目は何ですか?」         「ペ!」

などと聞きまして,

 

「 ☆番目に早かった △△さーん!」

「 はい。ペルーです。 」

( だいぶ前の年, 自信をもって「ペリー!」と答えた子がいたりもしましたが…。)

  

これがだんだんと白熱していきます。

最初,「えー,難しいのはやだなー。」って顔をしていた子も,

次第にいっしょになって,探し始めています。

こちらも,極力多くの子を指名するので,

だんだん顔と名前が一致してきたりもします。

   

「 それでーはー, 3~4人のグループ内で,

 出題者1名, あとは答える人, というのを一周してください。 」

  

11:14

   

じつは, 発問を作る方が頭を使います。

4~5分ほど。 

  

緯度, 経度の理論も大事ではありますが,

実際の用法,用例を豊富に体験したうえで思考することも重要です。

また,これをきっかけに,おもな国々の位置の認知強化も可能。

  

ちなみに5/9(水)は,冒頭4分間,この範囲で小テスト。

11問中,8問以上正答を合格!とします。

     

    

∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬

    

     

今週は,部活の引率。

  

今年度から担当のボランティア部, 4/29(日・祝)。

利根川の河川敷(取手市)と,

筑波山の南東麓(土浦市・県立中央青年の家)の2会場。

   

2018/4/29  10:23  13:04  

   

2014年度から4年間担当した硬式テニス部(中学),5/4(金・祝)。

   

2018/5/4  9:25  9時頃に見舞われた通り雨の水掃き;  13:28

   

本番に1対1で向き合う姿。

一般社会に向き合う姿。

  

どちらの姿にも,選んで打ち込める篤さ(あつさ)を感じます。

    

   

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: