先生のブログ

 weekly TAKU        Puis-je vous aider?

  水 越 卓 治 

プロフィール

記事一覧

 きょう2/19は9の付く日。自転車で出勤。
 (これについては1/1の「卓020」の真ん中へんにて決意表明。2/9も達成です。)
 その模様からです。
VOL.0027
 市内の車窓から
~ 取手聖徳 の提供でお送りします。~
 取手市 井野から,取手聖徳までの4.7kmを,
 普通の通勤ママチャリで走ります(窓ないし)。
 井野温泉*の朝。
 湯けむり立ちのぼる水路に沿う道。
 温泉情緒たっぷりです。
 左の土地は,キリンビール取手工場。
 宅地や集落を抜けると,視界が広がります。
 ここまでが首都圏なのかもしれません。
 両側は田畑。その彼方に,
 チャイニ 続きを読む…
       (立松和平さん風の朴訥とした語りで)
(バックには,宗次郎さんのオカリナの音が物悲しく流れています)
 辺りを水田に囲まれた 取手聖徳女子中高は
 生きとし生けるものの息吹を 肌で感じながら
 将来のゆめの実現に 希望をふくらませて学校生活を送る
 こころやさしい生徒たちの活気で 満ち満ちています。
 常日頃の教科の学習も 自分にとっての糧と理解し 
 懸命に取り組む生徒たち。
 きょうも中1地理のワークの宿題は 全員が提出しました。
 そんななか とても貴重なものと出会いました。
 ときとして 努力の結晶として出現する いわゆる 珍答 です。
 「東京都は日本の( 続きを読む…
 お寒うございます。  雪も少し降りました。 2010/2/2 8:33

 大会で富良野にいるスキー部の選手と引率のみなさんも
 氷点下20度近くの環境下で,ほんとうに,
 いかがお過ごしでしょうか。
 お寒うございます。
 政界が揺れています。
 角界も揺れています。  (角界=お相撲さんが活躍する場,土俵だけではないですよ)
 功績をせっかくのこしながらも,
 品格・品位のあやしさは,結局,
 庇(かば)われることはありませんでした。
 それとも,庇われてしまう?
 国外の人の目には,どう映るのでしょう。
 人がらは,
 その人の権利の主張の仕方で
 現われます。
続きを読む…
2010/1/29夕刻,学校の隣にある生徒寮の食堂で,
「卒寮生を送る会」 開催。
寮生保護者の方々,私ども教職員も同席する生徒寮の行事(年5回)のなかで,
もっとも心のかよいあいと,気持ちの収束を感じます。
心温まるはなむけのご挨拶を皆でうかがったのちに,立食パーティー。
そのさなか,一角で何やら激写大会が始まっています。
ケーキ(平らで大きな長方形でした)を,長野校長先生にお願いして,
いっしょに切り分けるところを,いっせいに写真撮影してもらっている。 
名付けて, 「入刀ごっこ!」 だとか。 小粋な。
色紙やプレゼントをもらって,卒寮生たちは,ひとりひとりマ 続きを読む…
短いですよ (前回が長かったので)。
VOL.0023
市内の車窓から
~ 取手聖徳 の提供でお送りします。~
   トゥーライド (TO-RIDE, 取手)
取手市・白山の国道294号。 「キャノン前 Canon Mae 」 バス停。
キヤノン株式会社・取手事業所の塀の前。
バスから降りた人々は皆,東(画像手前)へと歩いてゆきます。
「キャノン前」を出発したバスは,西へ なんとわずか10数秒で次の「白山八丁目」に到着。
「ダルマさんが転んだ!」をやるような距離。
右への発進ウィンカーを2,3回出すやいなや,もう左への点滅に替えて,停車です。
車内では,「次は」の放送は終わるの 続きを読む…
長いですよ。
1/16(土)と,1/17(日)。
大学入試センター試験 (旧称 共通一次試験),おそるべし。
8/24に駒場で教員免許更新講習を受けた日に(「卓002」),
フィールドワークで,近くにある 大学入試センターの前を,
かしわ手 打って祈る気持ちで通りましたっけ。
受験組,特待組とも,理想の結果を出せますように!
本校生徒の受験会場, 筑波大学。
ところで,ゆうべ,おそろしいサイトを見てしまったんです。
クレジットカードと携帯電話の今月末の請求金額を
見るサイトなのですが・・・。 12/9~23のイギリス,ベルギーでの出費。
クレジットカード払いは,
PIN( 続きを読む…
 きょう1月8日(金)は第3学期 始業式でした。
 通常の年ですと,生徒の皆さんと半月ぶりの再会というところですが,
 この冬の場合は,12/9~23のイギリス語学研修引率(卓017~,参照)もあり,
 12/8以来,ひと月ぶりの再会。
 新年のごあいさつのみならず,
「おひさしぶりですね!」
「むこうは寒くなかったですか?」
 授業は週明け(12日(火)以降)なので,そこでの再会もたのしみです。
 出発前のバタバタとした多忙のなか,
 中学1年生に冬休みの宿題を「学年便り」原稿に記入しないまま
だったのですが,
「先生,地理のワークの宿題,集めて持って来ました。」
と,A組の係生徒 続きを読む…
1月1日 6:50。
取手にも日が昇りました。
すみません。これは,2009年1月1日の写真です。
きょうは,金曜日。
ちなみに,きのう31日は・・・。
UKの郵便局で差し出した小包(航空便)が
12日かかってやっと届きました。
しかも,5個中の2個目・3個目でして。
クリスマス~年末年始の各地の郵便事情は
円滑さが保てないようですが,気を揉みます。
夕方,以前,学校で養護教諭(保健室の先生)でした渡辺先生にも,
旦那様とお買い物のところを,近所のスーパー・〇オ〇ーにてお会いしました。
おすまいが700mしか離れていませんので,
1シーズンに1度くらいお会いします。
さて,1 続きを読む…
◆卓017~卓018の改良工事がひとまず終了しました◆
 
英国語学研修シリーズ増刊・最終回(のつもり)です。
近年まで放送されていた『ウルルン滞在記』の終盤,
下條アトムさんの名調子で
「わかれの あさ~。」
というくだりがありましたね。
 
話は少しそれます。
別れの朝といえば,自分自身,
この語学研修引率の出発時の日本に対しても
そういった感じでした。
うるうる来るのではなく,しばしのおわかれ・・・という思い。
取手の自宅を出て,成田へ行くにも,遠回り承知で,
日暮里からスカイライナーで向かいました。
久々に,以前自分が飛び回ってた街の表情を
車窓から眺めてみました(少年時代か 続きを読む…
 クリスマスですね。
 12/9-23の英国語学研修引率より帰国いたしました。
 2週間の在英期間のほとんどは,オクスフォードで過ごしましたが,
ロンドンの空気を吸う機会も3回ほどありました
 (初日のヒースロー空港まで勘定すると4回ですが)。
 私の世代はロンドンといえば,その名を3回陽気に連呼し,
その地が楽しく,愉快であることを,往年の某CMによって
洗脳されている傾向があります(今口ずさんでいる方はそうですね)。
 霧雨まじりで どんよりとした(drizzly)日ばかりだろうと
構えていたのですが,歩いた3度のうち2度は快晴でした。
 3度のロンドンについて少々ご紹介します。
続きを読む…
ページ一覧: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253