先生のブログ

播磨 舞 のブログ

鹿児島おごじょのMy way blog

プロフィール
2013/06/13

They did!! English speech contest!

茨城県の高校生英語スピーチコンテストへ引率で行ってきました。

5年生の特進クラスで呼びかけをし、2名の生徒が参加してきました。

 

水戸までの遠い道のり。

私も初で・・・朝5時台に出てくれた生徒も。

 

準備は約2週間という強行スケジュール。

「北蓼科」宿泊中も、英文作成に頑張ってくれました。

 

 

今年の参加高校は県内で12校の計14名。

国際交流,国際協力,国際ボランティア等に関するテーマを自分でつくりスピーチをするというもの。

 

兼任講師のJanet先生や神田先生の協力,そして担任の先生方,学年の先生方の応援をうけ

放課後や休み時間,家で頑張ってくれていた彼女たち2名を紹介します。

 

くじ引きで連続「取手聖徳」になった2人。

まず先行は・・・ 5AのM本さん。

 

タイトルは・・・Make Peace with other cultures

韓国旅行に行った時に,北朝鮮と韓国の国境のところへ入ることができ,戦争の悲惨さや文化の違いを理解することの大切さを堂々とスピーチしてくれました。

 

 

 

そして2人目は5BのS谷さん。

 

タイトルは・・・From Japan To The World

東日本大震災をきっかけに行われた『きずなプロジェクト』に参加し,アメリカへ行き意見交換をしたことをきっかけに,自分たちの意見を発信することが必要だということを,スピーチしました。

 

 

 

2人とも2週間という短い期間で精いっぱいベストを尽くしてくれました。

 

また他校の生徒たちとも話ができ,高校生の英語スピーチのレベルの高さも勉強になったようです。

帰国子女やハーフの生徒たちも多く,断然に「環境」の差があったかもしれません。

 

でも悔しくて,3年間出場し続けた他校の生徒さんとも話をすることができ,

「ぜひ,また機会があったら出てみてください。」

と励ましの言葉をいただきました。

 

 

最後に出場者とジャッジメントの先生方などと一緒に記念撮影。

入賞はできませんでしたが・・・

「少しは英語また、がんばってみようかな・・・」

 

という気持ちになってくれれば私としては嬉しいです♪

 

毎年行われているけれど、なかなか参加が集まらない中,積極的に頑張ってくれた2人へ拍手。

 

「もっと練習時間が欲しかった・・・」というのが2人の感想。まだ完成度が高まったかもね。

 

ということで、今中学生の皆さん!

そして、現在高校1~2年生の皆さん!

来年の呼びかけ,できれば学年全体で呼びかけて「やりたい!」という積極的な取手聖徳のgirlsたちを待っています。

 

ここで・・・水戸までの約2時間。

 

わっぜだれたがよ~(すっごい疲れたよ~)・・・鹿児島弁にて。締めくくります。

 

 

 

 

 

 

 

 

5 コメント
コメント一覧
  • 1

    播磨先生、M本さん、S谷さん、お疲れさまでした!スピーチ、是非、校内でも発表してください。
    さて、水戸ですが、確かに遠いですよね。でも、まだ真ん中なのです。茨城県の最北端はまだまだ先!常磐道を車で走ると、長い長いトンネルがたくさん続きます。取手聖徳には、水戸のちょっと手前から、毎日通学している生徒たちもいます。
    水戸には、由緒ただしき正しき史跡も美味しいお店もたくさんあります。播磨先生、茨城を楽しんでくださいネ!

    by: 張替起子, on 2013/06/13
  • 2

    中学生はないですか?私もやりたい!

    by: miko 39, on 2013/06/14
  • 3

    >張替先生
    コメントありがとうございます。ぜひ機会をつくってしたいものです。私もマイカーがあればもっと茨城の地理も詳しくなると思いますが・・・まだまだですね。
    でも、まだまだこちらは新人なので、いろいろな場所を訪ねて楽しみたいと思います。

    >miko39様
    コメントありがとうございます。
    私も今年度が初めてなので、まだまだ英語関連の行事も初心者です。また英語科の先生たちに聞いてみますね。
    私も今年は高校生の担当なので、ぜひ自分の英語の先生にも聞いてみるのもいいですよ。でも、ぜひ今のうちに英語の力をつけて、高校生での参加・・・楽しみに待っていますよ。

    by: 播磨舞, on 2013/06/14
  • 4

    指導並びに引率、お疲れ様でした。
    参加した2名の生徒達も、良く頑張っていましたよね。
    生徒と共に体験したことが、私達、教員の糧になっていきます。
    次回こそは!を胸に、また、互いに頑張っていきましょう^ ^

    by: イチカワ, on 2013/06/15
  • 5

    >イチカワ先生
     コメント返信遅くなりました。
     これを機に,後輩たちも続いてくれると嬉しいです♪
     私もいろいろな経験をさせてもらって,私の方が成長できていると思います。

    by: M Harima, on 2013/08/09
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: