先生のブログ

家庭科教諭のとりとめのない話

長嶋 咲

プロフィール
2009/12/31

数学はおもしろい

前のエントリーに書いたのですが、

数学Ⅱ+Bに取り組んでいます。

一昨日から始めて、もうすぐ「式と証明」が終わります。

ページにして21ページ。

恒等式とか定数とか、なに?とおもいながら問題を解いています。

 

数学って、山登りと同じだな、と思いました。

わざわざ登る必要ないじゃん、と言ってしまえばそれまでですが、

つらいし苦しいし、なにかもらえるわけでもないし。

でも、 

登ることで見えることや、登らないとわからないことがたくさんあります。

あと、達成感や爽快感は、努力した人にしか与えられませんよね。

 

それから、積み重ねの学問だな、ということも感じました。

小学校3年生くらいに習うのかな、

仮分数と帯分数とか、分数の割り算とか、

そこがあやふやだと解けません。

数学がわからない、という人は、小学校まで戻ってみるとよいかも。

本屋に行けば、たくさん小学生用のワークが並んでいます。 

小学生の弟がいるやさしいお姉さんのふりすれば、店員も変な目ではみないでしょう。

 

小学校の算数で、山登りに必要な道具をそろえて、

中学校の数学で、山登りに必要な知識や心構えを身につけて。

準備が不十分な状態では山登りはできませんもの。

 

どちらかというと苦手なのですが、好きなんですよね数学。

解けたときの嬉しさや私、できるじゃん、という晴れやかな気分は、

数学でないと味わえません。

時間がかかればかかっただけ。

1 コメント
コメント一覧
  • 1

    専門外の教科を研究される長嶋先生に感服いたします。
    質問はいつでもお受けします!(^^)!

    by: 数学科のK田, on 2010/01/01
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: