先生のブログ

家庭科教諭のとりとめのない話

長嶋 咲

プロフィール

記事一覧

今日明日と、市内の保育所にご協力いただき
6年生の児童保育進学コースの生徒たちは
保育所見学実習を行っています。
炎天下の中、熱中症にならないかがとても心配ですが、
子どもたちと一緒に大いに活動し、
保育士としての心構えや子育て支援の実際を学んできてほしいと思います。
個人情報保護の観点から保育中の写真撮影は遠慮しているため、
活動中の様子をお伝えすることは難しいのですが、
本コースの学習内容等について知りたい方は、
どうぞ、8月22・23日のオープンスクールで開講する児童保育の講座にご参加ください。
楽しいだけではなく、知力体力気力が必要な保育という仕事。
かわいかったではない感想をき 続きを読む…
2009/10/07

準備はOK?

台風が接近していますが、明後日9日は、乳幼児健康診査見学実習です。
バスの関係で、お昼は各自持参のお弁当。
引率の私も、いろいろ買い揃えました。
お弁当箱でしょ、
お箸でしょ、
お弁当用カップに、かわいいピック。
しかし、なかなか見つからなかったものが、・・・・。
それは、水筒!
マグタイプの水筒がほとんどで、昔ながらの私が求めている水筒に
なかなか出会えませんでした。
直接口つけて飲むのはちょっと・・・、なのですが、
今はそれが「普通」なんですよね。
時代は変わりますね。
さてさて、参加する6Bのみなさん、
どんなお弁当か楽しみにしています。
ぜーんぶ冷凍食品とか、
お母さんが全部つ 続きを読む…
児保クラスでは、後期の授業がスタートしました。
5年生は、『図画工作』が終わって『発達心理学』に、
6年生は、『児童福祉学』と『乳児保育』が始まります。
板書をただ写すのではなく、先生が話したことも書き留めているでしょうか?
高校の授業とはかなり違うので、大丈夫かなあ、と5Bの姿を後ろから眺めていました。
6年生は、『児童文化』の授業も大学の先生が入ってくださり、
人形劇の制作がスタートしました。
うさぎ人形の顔がうまくいかないと言っていましたが、
大丈夫! 
製作者に似るという話なので、きっとかわいくなるはずです。
職員会議終了後、調理実習メニューに予定しているかぼちゃプリンを試作し 続きを読む…
6年生の『児童文化』の授業のひとコマを。
私の記憶が正しければ、昨年の6年生から、マイエプロンシアターを制作しています。
完全オリジナル、はなかなか難しいですが、夏休みにみんながんばったようです。
(がんばれなかった人もなかにはいたみたいですが)
土台のエプロンをつくった4年生のときとは雰囲気が全く違っていて、ちょっとびっくり。
進路意識が強まっているんだなあ、と感じました。
ボタン付け、まつり縫いがささっとできる幼稚園・保育所の先生になって欲しいなと思います。
みんながつくったこのエプロンシアターは、2月の学習発表会で発表および展示します。
*「エプロンシ 続きを読む…
今回は、児童保育コースの生徒が履修する高大連携授業2科目を紹介します。
まずこちらは、高校2年生前期履修の『図画工作』
   
  フィンガーペインティングとよばれる技法を学びました。
   小麦粉を煮溶かし、食用色素で着色しています。
   触覚が楽しめます。口に入れても安心です。
   
もう一枚。

続いては、高校3年生の座学の授業『保育原理』です。
今日は、指導計画の書き方についての説明だったようです。
来週は、絵本をつかった30分の指導計画を実際に考えるとのこと。
どんな指導案を生徒たちは作るのでしょうか。
保育士や幼稚園教諭になるために必要な学習が、 続きを読む…