先生のブログ

小川 健二

プロフィール

記事一覧

11月3日に水戸市営陸上競技場で「水戸招待陸上競技大会」が開催されました。
本校からは、高校1年の安田 侑が走幅跳に招待されて出場しました。
走幅跳には、現在の日本記録保持者の井村(池田)さんと中野(筑波大;高校記録保持者)も参加し、安田は、
すばらしい経験をすることが、出来ました。安田は、春に膝を故障し、今季は大会に出場できるかという状態からの県高校新人大会での活躍で、招待を受けれるまで回復しました。今回の経験を活かし、冬季練習に頑張り、来シーズンの活躍を期待します。
他には、男子棒高跳に澤野 大地(日本記録保持者;日大卒;成田高校卒)も参加しており、久しぶりの5m60の跳躍を生で見ることが 続きを読む…
10月16日(土)に箱根駅伝の予選会が、ありました。
箱根駅伝関係で、本校の卒業生の活躍をテレビで見ることが出来ました。
大会結果を、風間 実可子(日本女子体育大学4年)さんが堂々と発表しました。
風間は、今年度関東学連の幹事長を任されております。
そこで、発表の大役を務めることになったとのことです。
関東学連では、女子学生が幹事長になったのは、初めてなことで、ある意味で歴史的な人物になりました。
そんな教え子を誇りに思っています。
しかし、箱根駅伝の結果は、母校の順天堂が13位と予選落ちとなってしまいました。
今年9月には、全日本学生選手権の男子総合優勝を成し遂げていたので、箱根駅伝で 続きを読む…
10月15日(金)から17日(日)の日程で愛知県名古屋市瑞穂運動公園陸上競技場で、日本ジュニア・ユース選手権が開催され、ユース棒高跳に2名が参加してきました。
大会結果
13位 山内 裕香(高2) 3m20
15位 根本 南 (高1) 3m10 
という結果でした。
2人とも、強気で試合を進めていて、すばらしい助走に繋がっていました。
今後に期待できる大会となりました。
ちなみに優勝は、3m70で、8位入賞は3m30でした。
ジュニアの優勝も3m70で、8位入賞は3m30でした。
ジュニアとユースでの記録的な差は、なくなってきました。
また、年 続きを読む…
10月9日ー11日(土ー月)の日程で、茨城県高校新人大会が、笠松運動公園で開催されました。
本校は、下記のような結果でした。
【大会結果】
大会1日目
〔走幅跳〕   2位 安田 侑 (高1) 5m45(シ-ズンベスト)関東高校新人選抜出場
〔1500m〕 12位 宮本 沙織(高1) 5分03秒25(予選組4位 5分00秒76)
予選落ち 清水 優美(高2) 組6位 5分05秒53(自己新)
〔オープン棒高跳〕 1位 山内 裕香(高2) 3m20
           2位 根本 南 (高1) 3m10
大会2日目
〔3000mW〕 4位 中野 真優(高 続きを読む…
取手聖徳女子高校の国体結果
少年女子A100m   森川 葵(高3)   準決勝で敗退 組6位 1225(+2.3)
少年女子共通棒高跳 山内 裕香(高2) 11位 3m10
2人とも入賞まであと一歩でした。
山内 裕香は、10月15日に日本ユース選手権があります。
国体のリベンジを期待します。
チームは、10月9日(土)-11日(月)に県高校新人大会が、笠松で開催されます。
大会日程がわかったら、アップします。
私事ですが、本日3日(日)に国体開催中に平沼賞を受賞しました。
トラックレースタイムテーブルの中に表彰の時間があり、正面スタンドの前で河野洋平会長よりいただきました。
各県か 続きを読む…
平成22年度 千葉国体は、明日の10月1日(金)から5日(火)の5日間の日程で県スポーツセンター(天台)で開催されます。
取手聖徳女子高校からは、少年女子A100m(森川 葵)と少年女子共通棒高跳(山内 裕香)に参加します。
100mは、10月1日(金)10時00分に予選スタート
棒高跳は、10月2日(土)10時00分決勝がスタートします。
2人とも調子は、上々です。
聖徳関係者の皆さん応援宜しくお願いします。

続きを読む…
9月22日(水)に学園からの「千葉国体 壮行会」を開いていただきました。
場所は、聖徳大学クリスタルホール5F。
参加者は、大学からは、川並学園長、松島副学長など5名、附属女子中高からは、川並 芳純校長のほか引率教員1名などでした。
壮行会後に昼食会となりました。昼食は、お赤飯でした。
千葉国体参加者は、下記の通り。
大   学;カヌー;1名
附属中高;フェンシング(補欠)1名、体操(補欠)1名
取手聖徳;陸上競技2名(100m;森川 葵;高3、棒高跳;山内 裕香;高2)
以上5名が、参加します。
大会期間は、9月25日から10月5日の日程です。
なお、陸上競技の少年女子A100m(森川  続きを読む…
大会3日目が終了。
大会結果
 200m(-2.1) 2位 安田 侑(高1)  2680
 3000m     3位 椎名 遼子(高1)10'4379
 3000m    6位 山口 由貴(高2)10'5556
 4400mR 4位 野呂 楓(高2)安田 侑(高1)清水 優美(高2)椎名 遼子(高1)4'2138
 女子総合    4位 57点
 200m 準決勝進出;森  百合絵(高1);準決勝8位;3078(-1.5)、
      予選敗退;関根 ちひろ(高1);予選6位;3163(-0.3)
 3000m 途中棄権;宮本 沙織(高1)
県高校陸上競技新人大会は、10月9日ー11日( 続きを読む…
卒業生の糸山真与が、16日から19日のワールドカップに出場しています。
大学生となって、日本代表の活躍をテレビで見ることができました(録画しました)。
テレビは、0時30分から1時25分で放映されていましたが、あいにく私は0時55分頃からラストまで見ました。
昨年アジアAG大会を会場に応援に行き、金メダルの獲得を見て、感動しました。
それが、今度はテレビで見ることができたのです。
日本フル代表なんだなーと改めて実感しました。
チームでは、一番若いのでいろいろと大変だと思いますが、応援しています。
次は、アジア大会。
「真与ー。頑張れー。」
続きを読む…
大会2日目
 800m   6位 野呂 楓  (高2)
 七種競技  8位 関根 ちひろ(高1)
 
決勝進出 
 4400mR 1組2着 安田 侑(高1)宮本 沙織(高1)清水 優美(高2)椎名 遼子(高1)
 100m 2組4着 根本 南(高1)予選敗退
大会2日目は、800mの野呂が予選2位で通過し、決勝に始めて進んで6位に入賞、
また、七種競技で関根ちひろが、最終種目の800mで大逆転し、8位入賞し。
2人とも県大会の初出場を決めました。
4400mR(リレー)の1走の安田が、初めての400mで快走し、2走に58秒代で渡しました。
生徒の手時計では、400mのラインで60秒29でバ 続きを読む…
ページ一覧: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647